卒業式に出席する母のストッキングの色は?黒以外はマナー違反なの? | えぶりでいはっぴねす
当サイトはアフィリエイト広告を利用しております
PR
スポンサーリンク
スポンサーリンク

卒業式に出席する母のストッキングの色は?黒以外はマナー違反なの?

季節の行事
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

お子さんの卒業式に出席する母親が選ぶべきストッキングの色や種類に、なにかマナーがあるのか、疑問に思われることでしょう。

日本の卒業式は3月に行われることが多く、まだまだ寒さが残る季節のため、どの程度の厚みが適切か、また色の選択肢についても考慮が必要です。

今回の記事では、卒業式に参列するお母さんのための、ストッキング選びのエチケットに焦点を当ててご説明していきますね。

スポンサーリンク

卒業式に出席する母のストッキングの色は?マナーはあるの?

卒業式において、母親が選ぶべきストッキングの色に関するガイドラインでは、黒よりもベージュ色が推奨されています。


黒色のストッキングは葬儀を想起させることがあり、喜ばしいイベントである卒業式では避けたほうが良いとされています。

子供たちがイベントの中心であるため、母親の服装は控えめであるべきで、黒色は不吉と捉える人もいます。

足を細く見せたいという理由で黒色を選ぶことは理解できますが、代わりに少し肌色より濃いベージュを選ぶことで、足を細く見せる効果を得られます。

柄入りや装飾があるストッキングも選択肢にはありますが、シンプルな無地の方が適しています。

私立の学校では、保護者の服装に関してなにか特定の規則や慣習が存在する場合もあり、ストッキングの選択にも規則があるかもしれません。

そのため、前もって同級生の保護者に確認することが推奨されます。

スポンサーリンク

卒業式に着ていくストッキングのデニールは?寒さ対策にタイツを着るのはあり?

卒業式におけるタイツの適切性については、基本的に推奨されません。卒業式はお子様が主役の特別な日であり、フォーマルな場にふさわしい装いが求められます。


タイツは日常的に着用するようなカジュアルウェアと見なされ、準礼装や略礼装にマッチしないため、不適切と言われる理由です。

デニール数に関してですが、一般的に20デニールから30デニールのストッキングが適しており、一部の商品では40デニールで適度な透明感を提供するものもあります。

しかし、60デニール以上になると、その厚みがフォーマルな場面では不適切と見なされる傾向にあります。そのため、80デニール以上の厚手タイツは避けておき、30デニールから40デニール程度のストッキングを選択するのが望ましいです。

また、寒さへの対策としては、保温性の高いストッキングや体温調節に役立つアイテムを使用するほか、さらには保温性のある下着の追加が有効です。

最近では、卒業式の時間も短縮される傾向にありますので、ガチガチの防寒対策を考える必要はないのかなと個人的には思いました。

しかし、冷え性の方や寒いのが苦手な方もいますので、上記の点を考慮して準備をすると良いでしょう。

スポンサーリンク

卒業式に出席する母のストッキングの色は?黒以外はマナー違反なの?まとめ

卒業式に出席する母親のストッキングは、肌に近いベージュ色が推奨されております。


細く見せるために黒を選びがちですが、黒いストッキングはお祝い事でもある卒業式には相応しくないと思われているため、避けたほうが無難です。

しかし、重要なのは、学校ごとに設けられている規則や慣習を尊重することです。

卒業式は子供たちが主役であり、母親の服装がメインではありません。

なぜ黒いストッキングがダメなのか?寒いのだから厚手のタイツでもいいじゃないなどの疑問があっても、許される範囲内で対応することが賢明です。

規則や特定の慣習が設けられていない場合でも、タイツや黒い色のストッキングを避けることは、参加者の服装エチケットとして推奨されます。

たとえ新しくストッキングを購入したとしても、着物やスーツのように場を選ばず、普段使いにも適していれば、それは無駄な支出ではありません。

迷うことなく、適切なストッキングを選んでくださいね。

また、同級生のお母さんが黒のタイツを選んでいたとしても、そのことを非難する必要はありません。人それぞれ価値観があるため、その違いを尊重し、知識をひけらかすような振る舞いや悪口は避けるべきです。