スポンサーリンク

ホワイトデーはめんどくさい!? 男性の本音を探ってみた

ホワイトデーのプレゼントを渡す男の子と受け取る女の子

女性から男性に渡す、本命チョコや義理チョコ。

男性から女性に渡す、逆チョコ。

友人同士で交換する友チョコ。

本命チョコを渡す女性や男性からすると、バレンタインデーは
重要なイベントでもあり、勝負の日でもありますよね。

しかし、時代が進むにつれて、バレンタインは色々な意味が
込められているイベントへと変化していきました。

今回はその中でも、義理チョコとホワイトデーについて
触れていきたいと思います。

スポンサーリンク

義理チョコは面倒!? お互いにとってメリットなし

学生時代、バレンタインデーにはクラスメイト全員にチョコを
配っていた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

わたしにも経験があります。

市販されている、大量に入っているチョコを全員に配ったりと、
なんだかよく分からない、不思議なイベントになっていました(笑)

みんなで食べたので、義理チョコとは違うかもしれません。

社会人になると、学生時代とはまた少し、事情が変わってきますよね。

男性の方は正直に言って、義理チョコを渡されたことに対して、
どう対応したらいいのか困ったことはありませんか?

「いつもお世話になっています」
「日頃のお礼です。よろしかったらどうぞ」
「ほんの気持ちです」
そんなことを言われて、明らかに義理とわかるチョコを手渡される――

職場のバレンタインあるあるですよね。

「ホワイトデーには、なにかお返しをしないといけないのかな?」
「明らかに義理チョコだけど、お礼をしないと影でなにを言われるやら……」

男性陣も戦々恐々ですよね。

告白の意味でチョコを貰えたら嬉しいと思う一方、義理チョコと
なると、お返しがちょっぴり面倒だな、なんて思う男性も中には
いらっしゃることでしょう。

バレンタインにもらいっぱなしだと、女性陣から顰蹙を買いますし、
かと言って、丁寧にホワイトデーにお返しをしたら、女性にとっては
いただいても困る物があるかと思います。

中には「ちょうどコレが欲しかったんだよね、ラッキー!」なんて、
思ってくれる女性もいるかもしれませんが、バレンタインの倍以上の
お返しを期待している女性も中にはいるでしょう……

わたし自身、義理チョコというものには面倒さを感じます。

「あの人に渡すなら、あの人にも渡さないといけないな」など、
言い出したらキリがなく、用意するチョコの数も多くなってしまいます。

学生時代と勝手が違うので、大量に入っているチョコを購入して、
それぞれに渡すこともできません。

・貰った男性も気をつかわなければならない
・お返しをいただいた女性も、物によっては困ることがある

お互いにとって、まさに義理チョコはメリットなし!ですね。

ホワイトデーはまったくの無意味!? バレンタインデーと同列にしないほうが吉

例えば、義理チョコとはいえ、高級なチョコやお菓子を
男性にプレゼントしたとします。

しかし男性の中には、なにをお返ししたらいいのか分からない方も
多いのはないでしょうか?

女性から高級な物をいただくと、負担に思う男性がいる一方で、
「どうせ義理だから」と、お返しをまったく考えない男性も中には
いるかと思います。

そのため、ホワイトデーはあまり期待しないほうがいいでしょう。

義理チョコを渡すとしても、見返りは期待せず、自己満足で渡したほうが、
後腐れもないかなと思います。

また、義理チョコを渡す女性側も配慮をし、女性同士で話し合って
チョコは渡さないか、どうしても渡したい場合は、ほかのイベントの
ときにしてみてはいかがでしょうか?

誕生日など、お祝いとお礼を兼ねて渡したほうが、男性もお返しに
対して余計な悩みを抱えなくて済みますよ。

ほかにも、仕事の節目など、特にイベントがない時期に
プレゼントをするという方法もありますね。

普段お世話になっている方には特に、気持ちよくプレゼントを
受け取ってもらいたいものです。

最後に

お菓子作りが好きな女性や、イベントが好きな女性にとって、
バレンタインデーは欠かせないイベントだとは思いますが、義理
チョコを渡される側の気持ちも配慮できるようになると、もっと
いいかもしれませんね。

バレンタインにこだわらず、お菓子作りが好きな方は、時々、
趣味として渡してみてはいかがでしょうか?

季節のイベント事が好きな方は、できるだけ自分の気持ちを抑え、
「あの人にはお世話になったなー」と感じた時にプレゼントを
してみるのもオススメですよ。

「あの子は女子力が高いなぁ」なんて思われて、もしかすると、
恋愛に繋がるかもしれませんよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする