スポンサーリンク

小学一年生が朝だけ泣く その理由と登校させる方法

ピカピカの一年生

待ちに待ったピカピカの小学一年生!

しかし登校する直前になって、

「今日、学校へ行きたくない……」

と、玄関先で、急に泣き出してしまうお子さんも多いのでは
ないでしょうか?

ピカピカの新しいランドセルを準備して、一年生になるのを
ずっと楽しみにしていたはずなのに、一体どうしてでしょう?

そんなお子さんの状況に、頭を抱えている親御さんたちのために、
今回の記事では、小学一年生が朝に泣いてしまう理由と、その解決策に
ついて考えていきましょう。

スポンサーリンク

泣くには理由があった 学校に行きたがらないのはなぜ?

憧れ、楽しみにしていた小学校生活のはずが、朝の登校直前になって
なぜか泣き出してしまう――

もしかして、学校でなにかあったのではないか?と、親御さんも
心配になりますよね?

しかし、朝は泣きながら登校するのに、放課後にはケロッとした
様子で帰ってきたりします。

不思議ですよね。

こうした状況には、いくつか考えられることがあります。

・幼稚園から小学校への環境の変化でストレスを感じている

・小学校という新しい環境になり、先生やクラスに馴染めず不安になっている

・お母さんと離れるのが寂しくて不安になっている

以前と違う新しい環境に置かれれば大人でさえ強いストレスを感じます。

それが小さい子供であれば、なおさらですよね。

少し前まで幼稚園児であったのが、急に小学生になって、
強いストレスを受けて不安に感じているはずです。

よって主な原因は「不安」によるものだと考えられます。

ではどのように解決すれば良いでしょうか?

どうすれば嫌がらずに登校できる?

どうやら小学一年生が朝泣いてしまうのは、
「不安」から起こるものだと推測できました。

その不安が解決すれば、朝泣くことなく登校してくれるでしょう。

では、どのようにして子供が感じている不安を取り除いて
あげれば良いでしょうか?

以下の方法があります。

・お子さんの登校時に付き添って学校まで見届ける

・担任の先生に相談してフォローしてもらう

・お子さんの話を聞いて不安な気待ちに寄り添う

・時間が解決するまで長い目で見守る

いずれにせよ、お子さんの不安な気持ちに寄り添い、
理解してあげることが大事になります。

間違っても「なんで学校へ行かないの? 行かなきゃダメでしょ!」
怒り、お子さんを責めることはしないでくださいね。

不安に感じているお子さんの気持ちを、汲み取ってあげましょう。

まとめ

今回の記事では、小学一年生が朝にだけ泣いてしまう原因と、
その対処法についてご紹介してきました。

いかがでしたか?

我が子の成長が嬉しくなる小学一年生ですが、その分、お子さんの
ストレスや不安もたくさんあるでしょう。

しかし、環境の変化に対する不安は、時間と共に薄れていきます。

親御さんも心配でしょうが、お子さんの不安な気持ちにそっと
寄り添い、見守ってあげてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする