菱餅がひし形をしている理由と色の意味を調べてみた!

ひな祭りイメージ 暮らし
スポンサーリンク

菱餅は、桃の節句にお供えるお餅のことですね。

ひな祭りの風習は、平安時代(794年)にはすでにあったそうです。

華やかに祝うようになったのは、江戸時代(1603年)以降のことで、
菱餅を使うようになったのは、もっと後のことらしいです。

これも諸説ありますが……

この時点でわたし、ひな祭りに関して、知らないことばかりでした!

おまけに、ひなあられは食べたことはあっても、
菱餅を食べたことはありません。

赤・白・緑のものは、スーパーでもよく見かけますし、
存在は知っているんですけどね(笑)

この機会に、なぜ菱餅はひし形なのか?
ひし形であることに、なにか意味はあるのか?

などなど、菱餅についてふと疑問に思ったので、
調べてみたことをご紹介していきます。

もし、お子さんから質問されたら、ぜひ、この記事に書いて
あることを教えてあげてくださいね。

スポンサーリンク

諸説ある菱餅がひし形をしている理由

ひし形は大地を表す説。

菱の実を食べて、千年長生きしたという仙人にちなみ、
長寿の願いを込めたという説。

心臓をかたどったものという説など、ほかにも様々な説があります。

宮中で、お正月に食べられていた「菱はなびら餅(花びら餅)」
起源であったという説もあります。

平安時代(794年から)の新年行事を簡略化したものだそうで、
600年もの間、宮中のおせち料理の一つと考えられてきたとのこと。

そして、元は三角形だったのですが、菱という植物の繁殖率の高さから、
子孫繁栄を願ったという説
もあります。

今でも三重県や静岡県など、一部の地域では、菱餅の形はひし形ではなく、
三角形らしいですよ。

多くの説がありふれていますが、「長寿・健康・繁栄」の意味を込めている
ものが多いと感じました。

もし、お子さんから質問されたら、
「健康に長生きして、幸せになりますように、という意味だよ」
教えてあげると、わかりやすいかもしれません。

 

スポンサーリンク

色にも意味があった? 近年ではカラフルな五色も登場

菱餅が三色しているのには、深い理由があるのです。

・桃の花を表す赤には、邪気を払い、健康を願う意味<br />
・雪に見立てた清浄な白には、子孫繁栄や長寿の願い<br />
・新緑や大地を表すヨモギの緑には、魔よけの意味<br />

それぞれの色には、上記の意味が込められています。

重ねる順番によっても意味があり、

上から「赤・白・緑」の順番の場合は、
「雪の下には新芽が吹き、桃の花が咲く」

緑と白を入れ替えた「赤・緑・白」ですと、
「雪の中から新芽が吹き、桜の花が咲いている」
といった意味になり、どちらも春を表しています。

ちなみに近年では、黄色やオレンジも加えられ、
五色の菱餅も存在しています。

・月や菜の花の意味を持つ黄色
・太陽を表現したオレンジ

「桃の花・雪・新芽」に「菜の花や太陽」が加わることにより、
「太陽の温かさによって雪が溶け、新芽と菜の花が芽吹き、桃の花が咲く」

という、春の情景と受け取ることもできますね。

菜の花が加わると春が一層協調され、太陽が加わると、
冬の終わりがより一層、協調されます。

地方によっては二色だったり、七色のところもあるそうです。

菱餅は初め、緑と白の二色だけだったそうです。
そして、緑と白だけで、三段・五段にしていたそうですよ。

スポンサーリンク

最後に

今回、ひな祭りに関することを調べてみて、日本の文化は、
「なにかに例える・なにかに置き換える」ことが多いんだなと、
改めて感じました。

意外と深い意味までは知らないひな祭りは奥が深く、
その長い歴史も面白いと感じました。

まったく気にしたことのなかった菱餅でしたが、その色にまで
きちんと意味が込められていて、わたしは勉強になりました。

本当の由来や真実などを、実際に確認する方法がないことが
ちょっぴり残念ではありますね。

しかしそれもまた、歴史のいいところなのかもしれません。

一年に一度の桃の節句。
娘さんと楽しく、ひな祭りのお祝いができるといいですね!

暮らし
スポンサーリンク
かおりをフォローする
スポンサーリンク
えぶりでいはっぴねす.com