スポンサーリンク

旦那さんとスーパーへ買い物に行くとイライラする!

スーパーで買い物

あなたは、食料品の買い出しはこまめに
行かれるほうですか?

それとも、週末など、お仕事が休みのときに、
まとめて買うほうですか?

わたしの場合はと言うと、まとめ買い派です。

しかし、まとめ買いって荷物が増えてしまって、
袋詰めや運ぶのが大変じゃないですか?

そんなとき、旦那さんが買い物に一緒に来てくれて
手伝ってくれたり、荷物を持ってくれたりと、とても
大助かりなのですが、それとは別の悩みが発生します。

その悩みとは――

スポンサーリンク

旦那さんと買い物に行くとイライラする!値段をちゃんと見て!!

主婦が食料品の買い出しに行って、
まず見るものはなんでしょう?

製造元や原産地
賞味、消費期限
商品の大きさやグラム数
野菜や果物、魚、お肉などの見た目

例としていくつか挙げておりますが、なんと言っても
商品の値段が最重要項目になるのではないでしょうか?

主婦は食費を預かっている身ですので、
無駄遣いするわけにはいきません!

大体、一度の買い物での予算も頭に入っていると思います。

実際に買い物を終えても、予算の範囲内でお会計が
できているのではないでしょうか?

それなのに、旦那さんが一緒に来ている日の買い物は、
いつもより購入金額の合計が多いなーと感じることは
ありませんか?

原因はというと、もうおわかりですよね。

そう、旦那さんです。

自分のおこづかいでは、絶対に買わないであろう
おやつや食品、お酒類など、値段も見ないで勝手に
買い物かごへ入れてきます。

その場で気づけば指摘もできますし、戻すことも
可能ですが、子供と違って旦那さんは知恵を持ってます。

お会計レジの寸前に買い物かごへ入れてくるのです。

これはもう、立派な確信犯ですよね!

旦那さんと買い物へ来るたび、イラッとしちゃいます。

ともかく、しっかり値段だけは見てほしいのと、
かごに入れる前に、一言くらいは相談をして
ほしいものです。

予算が許せば買っても構わないのに、コソコソと
かごに入れたり、お会計直前に入れようとする
姑息さにイライラしちゃうんですよね。

旦那さんとは買い物に行きたくない!一人が気楽で安上がり

一言の相談もなく、自分のおこづかいの範囲内では
買えない商品を勝手に入れてくることが何度も続くと、
やっぱり一人で買い物に行こうかなと思いますよね。

旦那さんのことは言えないけど、わたし一人だけなら、
購入する商品を削って、自分の好きなお菓子も買えますし。

それに旦那さんが一緒に来ると、スーパーの中を
見て回るペースが速いので、わたしはじっくり見て
選びたいのに、急かされてしまったり……

その割に、旦那さんが商品を見るときは、じっくり
時間をかけているんですけどね。

そのほかにも、わたしがカートを押しながら
陳列された商品を見ているのに、商品の棚と
カートの間に旦那さんがいて、申し訳ないけど、
ちょっぴり邪魔だなーと思うことがあります。

スーパーで買い物する際、わたしなりの見て回るルートが
あるのに、旦那さんは勝手にショートカットされるので、
それについてもモヤッとしますね。

あとはお会計のときになると、急に姿が見えなくなることも!

お一人様2パックまでといった、個数制限がある商品を
買いたいとき、頭数が揃ってないとホント困ります。

良心的な店員さんなら、姿がちょっと見えなくても
レジを打ってくれますが、厳しいお店ですと、それが
認められません。

荷物持ち要員としてだけでなく、個数制限ありの商品を
買いたくて一緒に買い物へ来たんですけど~!

身も蓋もないことを言ってしまうと、重たい商品や、
個数制限のある商品を買うとき以外は、一人で買い物に
来たほうが、旦那さんに余計な買い物をされずに
済むのでしょうね。

あと、買い物へ行く前に、その日の予算を先に
伝えておきましょう!

可能であれば旦那さんの前で、予算の分だけ
お財布に入れておけば、余計な買い物をされるのを
防ぐことができますよ。

ない袖は振れませんからね~。

さいごに

旦那さんと一緒にスーパーへ買い物に行くと、
挙げればきりがないくらい、たくさんの問題が
ありますよね。

イライラすることが多いですし、おまけに、
お会計の金額が普段の買い物よりも余分に
高くなって踏んだり蹴ったり。

たとえ、一緒に買い物へ来ても、

車の中で待っててもらう
休憩できる場所で待機してもらう
荷物を運ぶときに連絡したら来てくれる

こんな都合の良い旦那さんがいたらいいですよね。

まぁ旦那さんの立場からしても、混雑している
スーパーの買い物につき合わされて、心の中では
イライラしているのかもしれませんけど。

そこはお互い様かも!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする