スポンサーリンク

庭でバーベキューは非常識!?ご近所トラブルを避ける方法

バーベキュー仲間

念願のマイホームを手に入れたなら、
夢だった「自宅の庭でバーベキュー」がしたいと
思う方はいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、「自宅の庭でバーベキュー」をするのは、
非常識なのでは?という意見もあります。

日本の都市部の住宅事情を考えますと、どうしても
住居が隣接していますし、煙、臭い、騒音の問題と、
なかなか難しいことが多いのが現実です。

わかっちゃいるけど、どうしても思いを遂げたい!

そんな、あなたの夢を叶えるため、できるだけ迷惑に
ならないように、そして、ご近所トラブルに発展しなくて
済むように、自宅の庭でバーベキューを実現できないか、
考えてみました。

スポンサーリンク

ご近所トラブルに発展!?バーベキューで苦情が来る前にやること

自宅の庭でバーベキューをしたいと思ったら、
あなたが住んでいる地域がどのような住宅事情を
抱えているかが問題になります。

まずは、あなたの家が建っている場所の
環境について考えてみましょう。

例えば、極端ですけど、山奥の一軒家であれば、
誰にも迷惑はかかりませんし、お隣さんも遠く
離れていて、気兼ねする必要はありません。

ところが、家が街中や住宅街にあって、お隣さんとの
距離がさほど離れていない状態だとしたら、どう考えても
自宅の庭でバーベキューを行うのは迷惑になりますね。

もし、そのご近所さんたちも、庭でバーベキューなどを
よくやっているなら、お互い様ということでしょうけれど、
そうでない場合は、いろいろと配慮する必要があります。

バーベキューは、屋外で行えば、まず油煙がモクモクと
出ますし、臭いも辺りに充満しますね。

それが、たとえ美味しい焼肉の匂いだとしても、
ご近所さんにとっては大迷惑!

洗濯物を外干ししているときなら、せっかく洗ったものに
臭いが染みついてしまうでしょう。

また、人によっては、病人を抱えて看病していると
いうような、特別な事情があるかもしれません。

「まあ良い匂い。煙がこっちに流れてきて、
わたしまで食べてる気がして嬉しいわ」

と、思ってくれる気徳な人は、
そんなにたくさんはいませんよね。

こんなときこそ、相手の立場になって
想像して考えてみることが大切です。

それに、たまに世間を騒がせる大きな事件もあるように、
こういった近隣の住民同士での騒音・悪臭・ゴミといった
トラブルは、初めはちょっとしたことが原因。

それが、ボタンの掛け違いなど、些細なことが重なり、
重大なご近所トラブルに発展してしまうのです。

ですので、ご近所さんへの配慮は十分、
気をつけなければなりません!

では、そんなトラブルを避けるためには、
どのようなことに気を配ったら良いでしょうか?

それは第一に、「事前の声かけ」が簡単そうだけど、
決して欠かしてはならないマナーのひとつです。

せめて両隣りのお宅には、庭でバーベキューを行うことを
事前に伝えて、可能であれば、ある程度容認してもらうと
いうことができれば、相手の心証も違ってくるはずです。

あくまで、こちらが迷惑をかけてしまうのだと
心得て、ご近所さんには伝えに行きましょう。

人間同士なので、そういったやりとりがあるのと、
ないのとでは、気持ちがまったく違ってしまうと
いうことを忘れてはいけません。

それから、夜間に外で騒ぐと、どうしても声が響いてしまい、
よりうるさくなってしまいますので、できればバーベキューは
昼間に行うのが得策ですね。

日が暮れてきたら、早々にお開きにできるように時間を
決めておけば、迷惑の度合いも小さく済むでしょう。

もっと長く楽しみたかったら、家の中に入って、
二次会という形で、続きを楽しむこともできますよ。

ちょっとした工夫次第で、ご近所さんへの迷惑を
最小限にすることができるんです!

庭でバーベキューするときは無煙グリルを検討しよう

そして、庭でバーベキューをするときの大きな問題は
「煙」ですが、もしこの問題をどうにかできれば、
バーベキューの強い味方になりますよね。

そこで、オススメなのが「無煙グリル」です!



よく焼肉屋さんで、肉を焼いて食べるとき、
横のほうからスーっと煙が吸い込まれていく、
吸煙グリルを使っているところがありますよね。

その方式で、吸煙してくれるものだけでなく、
遠赤外線の光で食材を焼いていく仕組みで、
熱源の違いから煙が出にくくなっている家庭用の
無煙グリルも何種類か販売されています。

以前から、ホットプレートで採用されているものも
ありましたが、煙が減らせるだけでなく、お肉や野菜の
うま味が引き出されて、よりおいしく焼き上がるという、
各メーカー・機種で機能はさまざま。

無煙グリルなら、庭でなくても家の中でも、
煙を気にすることなく、お家焼肉や鉄板焼きを
楽しむ機会も増えそうですね。

この機会に、無煙グリルを検討してみては
いかがでしょうか?

まとめ

マイホームを建てることは、人生にそう何度も
あることではありません。

念願叶って建てた自分たちだけのお城には、夢や希望、
やりたいことがたくさん詰まっていることでしょう。

「自宅の庭でバーベキュー」がしたいというのも、
叶えたい夢のひとつですよね。

しかし、このご時世、住宅事情によっては、
その夢を叶えることが難しいこともあります。

そこで、「庭でバーベキュー」を実現するために、
できることを考えてみました。

これから先、長くおつき合いをしていく
必要のあるご近所さんですから、誰だって
良好な関係を続けたいと願うもの。

ですので、自宅の庭でバーベキューをするなら、
「事前の声かけ」は、良好なご近所つき合いをするに
あたって、とても重要な処世術です。

事前の声かけをしなかったばかりに、ご近所さんの
怒りを不必要に買ってしまったり、煙や匂い、騒音への
苦情といった、ご近所トラブルへと発展することも。

そういったトラブルを防ぐためにも、無煙グリルを
使うなど、煙に対する配慮は考えておきたいですね。

また、ついテンションが上がって大きくなりがちな
話し声による騒音対策として、バーベキューを行う
時間帯を考えることも大切です。

長くつき合うであろうご近所さんですから、
相手の立場になって考えることを心に
留めておきましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする