バレンタインデーはくだらない!?職場で配る義理チョコの是非

ラッピングされた手作りチョコ2暮らし
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

バレンタインデー当日、
男性も女性も、なんとなく
そわそわした一日になりますよね?

 

気になるあの人にチョコを渡したいとか、
本命チョコがもらえるかな!?とか、
意外と社会人になっても、考えることは
学生時代と変わないものです。

 

本命チョコはもらえなかったとしても、
心の中では義理チョコはもらえるかなと、
ちょっぴり期待する人もいることでしょう。

 

特に職場ですと、
日頃から、なにかと仕事で
お世話になっているとか、
なんとなく毎年、
義理チョコをあげる文化が
根付いている職場もありますよね。

 

そういった習慣が根付いている職場の場合、
女性の側は義理チョコを用意したほうがいいのか?

 

男性の側は、ホワイトデーにお返しを
準備するのは逆に迷惑にならないのか?

 

などなど、
いろいろ気を遣うところです。

 

そもそも論として、職場での
義理チョコ配りは必要なんでしょうか?

 

今回の記事では、バレンタインデーの
義理チョコ配りに関する是非について
調べてみました。

スポンサーリンク

職場でバレンタインデーの義理チョコ配りはやめてほしい!?男性陣のホンネ

職場で義理チョコをもらうことについて、
男性陣はどのように考えているのでしょうか?

 

義理チョコと言えど、もらうだけではなく
ホワイトデーにお返しをするのがマナーです。

 

ですので、男性からしたら
どう感じているのか、気になりますよね。

 

調べてみた結果として、

 

「義理チョコでも、もらえるのは嬉しい」

 

という意見が第一位でした。

 

やはり、男性の側からすると、
バレンタインにチョコをもらえるというのは
嬉しいことのようですね!

 

ちょっとホッとしました。

 

しかし第二位の意見は、

 

「お返しが面倒なので嬉しくない」

 

という意見でした。

 

義理でもチョコをもらえて嬉しいと
思う方もいれば、
逆にお返しを考えるのが面倒と
感じる方がいるのは当然の結果です。

 

もっとも、
職場での習慣にもよりますが……

 

女性社員一同からという形で、
義理チョコを男性社員全員に配り、
逆にホワイトデーは男性社員一同から
女性社員全員へのお返しを配るという
習慣があればまだ楽かもしれません。

 

しかし、各個人で義理チョコを
配り歩くような風習の場合、
ホワイトデーのお返しを選ぶのは
なかなか面倒かもしれません。

 

バレンタインデーの義理チョコ配りは女性も男性もうんざりだった!?

実は義理チョコ配りは習慣になりつつも、
女性も男性もなくなればいいと本音として
思っている方がいるのも事実です。

 

わたしも会社で働いていた頃、
バレンタイン前に義理チョコを買いに行き、
当日に渡していました。

 

社員の数が結構いる部署だったので、
トータルで結構な出費になり、
お財布の中が悲しいことに……

 

お返しについては、
男性社員の皆さんからいただいたのですが、
ほとんどの方がお菓子。

 

ホワイトデーにはお菓子が大量に
デスクに入っているという状態でした。

 

お返しをいただけるのは嬉しかったのですが、
太りやすい時期でもあるので、
ちょっと複雑な心境に……

 

ですので、バレンタインの義理チョコ配りは
なければないで、お互い楽でいいなと
わたしは思っていました。

 

実際、会社によっては
義理チョコのやりとりを
禁止しているところもあります。

 

その手間やお金を、別のところに
かけたほうがいいという考えですね。

 

会社でそう決めてくれると、男性も女性も
お互いものすごく楽になるでしょう。

 

気持ち的もそうですし、金銭的にもですね。

 

男性の中では、ホワイトデーのお返しに
なにがいいかわからないからと、
奥さんに買いに行かせることもあるでしょう。

 

そうなると、もはや職場のやりとりではなく
家族も巻き込むことにもなります。

 

職場での義理チョコのやりとりについては、
会社で方針を出してくれると
とても助かりますね。

 

まとめ

職場での義理チョコのやりとりに
毎年悩んでいる方は多いと思います。

 

ただでさえ仕事で忙しいのに、
買いに行くのも大変です。

 

しかし、日頃の感謝を伝えたり、
年に一回のイベントですので、
この機会を楽しむのも
ありではないでしょうか?

 

面倒だなーとか、やめたいなーと
心の中では思っていても、
会社の雰囲気的に自分一人だけ
辞めるというのも難しいですよね。

 

もし本当に苦痛と感じている方は、
職場で相談してみるのもいいでしょう。

 

 

あなたのほかにも、同じように感じている方が
いるかもしれませんし、
男性陣から、本当はいらなかったと
言われることもあるかもしれません。

 

毎年悩ましいバレンタインですが、
苦痛にならない程度に、
楽しむのが一番ですね。

スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク
かおりをフォローする
えぶりでいはっぴねす.com