卒業祝いを兄弟に渡したい 知っておきたい相場と渡すタイミング

卒業3暮らし
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

卒業の時期になると、
卒業祝いを渡すかどうか、
迷う時期になります。

 

どちらかというと、友人ではなく
家族や親戚の間で贈り合うのが一般的ですね。

 

卒業があるということは、
次の入学や就職もありますので
そのお祝いと一緒に渡されることも多いです。

 

そんな卒業祝いですが、
兄弟の場合はいくらくらいの卒業祝いを
渡すのが一般的なのでしょうか?

 

一番近い兄弟でも、
卒業はきちんとお祝いしてあげたいですよね。

 

近しい兄弟だからこそ、
いくらくらいが相場なのか?

 

そして、渡すタイミングはいつ頃がいいのか?

 

そんな疑問を調べてみました。

スポンサーリンク

卒業祝いの金額 大学卒業なら相場はいくら?

卒業祝いの相場は、
贈る相手の年齢にもよります。

 

一般的には、血縁関係が濃くなるほど、
そして、年齢が上がるにつれて
高くなっていくと考えられています。

 

血縁関係の濃い兄弟や姉妹に渡す
大学卒業の相場は、
約10,000円~30,000円と言われています。

 

少し幅がありますが、このくらいの
金額の間で決めるのが一般的です。

 

ただし、贈る側の人が就職しているのか、
まだ学生なのかという状況でも、
変わってきます。

 

まだ学生でアルバイトをしているという方は
5,000円~10,000円でもいいでしょう。

 

就職して収入があるという方は、
30,000円でいいと思います。

 

それぞれの状況によって、
この相場を参考にしつつ決めてくださいね。

 

また、必ずしも現金でなければ
ならないということはありません。

 

プレゼントでも大丈夫です。

 

大学卒業となると、これから社会人になる、
大学院へ進むなど進路は変わってくると思いますので、
次の進路に合ったプレゼントを
選ぶのもいいでしょう。

 

ネクタイやアクセサリー、名刺入れや定期入れ、
ボールペンやハンカチなど
これからも使えそうなもので、
普段なかなか自分では買えなさそうなものを
選んであげると、きっと喜ばれますよ!

 

兄弟や姉妹ですと、
好みだけでなく、今なにがほしいのかは
聞きやすいですし、探りやすいと思います。

 

また好きな色やブランドなどを参考に、
どういうものにするかも検討してみましょう。

 

派手目なものではなく、
どこでも使えるようなシンプルなものを
オススメします。

 

兄弟への卒業祝いはいつ渡すもの?

兄弟や姉妹とはいえ、
一緒に暮らしていない方も
たくさんいると思います。

 

遠く離れたところにいるけれど
卒業祝いをぜひ渡したい――

 

そんな方もいるでしょう。

 

卒業祝いを贈る時期は、
卒業式の直後、遅くとも一週間程度に
渡すのがいいと言われいます。

 

しかしその時期に会って渡すのは難しい――

 

そういう事情もあると思います。

 

そんなときは、お祝いを郵送をしても
失礼には当たりませんので、
郵送すると良いでしょう。

 

郵送ですと、卒業式直後に指定して
贈ることができますしね。

 

現金の場合は現金書留で、
プレゼントの場合は、きちんと
追跡機能のついた配送の仕方で
お祝いを贈り、確実に届くようにしましょう。

 

また、お祝いだけ贈るのではなく
一言添えて贈ると、気持ちがこもっていて
とてもいいですね。

 

手紙でもいいですし、カードに一言書くだけでも
印象が大きく異なります。

 

直接渡せない分、手紙やカードにあなたの
気持ちを込めて贈りましょう。

 

まとめ

卒業祝いを兄弟で贈りあうのは、
とても素敵なことですよね。

 

近しい関係だからこそ、お祝いは大切に
したいものです。

 

わたしも兄弟に、大学の卒業祝いに
小物をプレゼントしました。

 

とても気に入って使ってくれていたのを
思い出します。

 

住んでいるところが遠くても
きちんと気持ちは届いています。

 

お祝いをしようという気持ちが大切です。

 

ぜひ、兄弟でも卒業をきちんと
お祝いしてあげましょう!

スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク
かおりをフォローする
えぶりでいはっぴねす.com