雛人形のお下がりはダメ!?お祓いしても受け継くものではない?

ひなまつり 子育て関連
スポンサーリンク

女の子のお子様がいる方は、
雛人形をどうするか、
迷う時期がやってきますね。

 

わたしも娘がいるのですが、
初節句のときはどうしようか
とても悩みました。

 

雛人形は、用意するときに
新たに購入するのか?

 

それとも、自分が実家で
飾っていたものを娘に受け継ぐか?

 

という二択で、まず迷います。

 

ですが、雛人形はあまり
お下がりをしないほうがいいという話を
小耳にはさんだりします。

 

なぜ、雛人形のお下がりはダメと
言われているのか、調べてみました。

スポンサーリンク

雛人形を自分の娘に受け継ぎたいけど本来は良くないこと?

自分の雛人形って、
なんだか愛着が湧きますよね。

 

わたし幼い頃、実家で毎年
雛人形を飾ってもらうのを
とても楽しみにしていました。

 

ですので、自分の雛人形を
娘に引き継ごうかなとも考えていたのですが、
あまりお下がりは良くないと聞き、
新たに購入することにしました。

 

なぜお下がりはダメと言われるのかというと、
雛人形の役割は、子供に降りかかる災厄を、
身代わりとなって引き受けてくれるからと
言われています。

 

ですので、理想としては
一人一体持つのがいいのですね。

 

もし雛人形をお下がりにしてしまうと、
自分の災厄も子供に引き継がせるということに
なるため、あまり良くないと言われているのです。

 

しかし、お下がりもいいのではないかと
言う声もあります。

 

代々、引き継がれてきた雛人形は、
炎厄をより引き受けてくれるということで、
あえて引き継がせているという家庭も
多いようです。

 

では、もしあなたが飾っていた雛人形を
娘さんに引き継がせることにした場合、
お祓いをすれば問題ないのか?

 

その辺りについても調べてみました。

 

スポンサーリンク

雛人形を受け継ぐときお祓いをすれば大丈夫?

雛人形を受け継ぐとき、
必ずお祓いをしなければいけないという
決まりはありません。

 

あなたの気持ち的に、
お祓いをしておいたほうが安心すると
思うのであれば、神社の神主さんに
お願いすることができます。

 

上記のことから、
雛人形を受け継ぐか?

 

それとも新しく買うかどうかは、
自分たちの気持ち次第と言えるでしょう。

 

ただし、義理の両親や知人から
自分の子供に受け継ぐというのは
他家のものを受け継ぐことになりますので
そこは注意が必要です。

 

もしあなたが実家で飾っていた雛人形を
受け継ぐことにした場合、
これまで大事にしていたものを
自分の子供にということでより愛着が湧きますし、
物を大切にすることを子供に教えることが
できるというメリットがあります。

 

新しく買う場合は、
これから大事にしてほしいということを
子供に伝えることができます。

 

それから、自分の家に合ったサイズ、
流行の顔やデザインの雛人形を
選ぶことができるという点も
メリットと言えるでしょう。

 

わたしも、そこまで大きい雛人形ではなく
小さめのものを置きたかったので、
ちょうどいいサイズのものを
自分たちで選べたのがよかったかなと
思っています。

 

ですので、
自分たちの欲しい雛人形があるとか、
お家の間取りを考慮して、
受け継ぐか、新しく買うかを
選ぶと良いでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

雛人形は、受け継ぐのはなんとなく
ダメなのかと思っていました。

 

調べてみると受け継いでいる方は
多く、結局は自分たちの気持ち
次第なのだということが分かりました。

 

雛人形は、大切に管理すれば
30年は持つと言われています。

 

物を大切にすることを娘に教える意味でも
雛人形を親子で受け継いでいくことは
実はとても良いことなのかもしれません。

 

ただ、姉妹の場合は
二人で一体という家も
多いことでしょう。

 

そうすると、受け継ぐとなっても
どちらが受け継ぐのか、
決めなければならなかったりしますね。

 

ですので、一人一体のほうが
自分のものという意識も生まれて、
特別な気持ちになれるかもしれません。

 

いずれにしても、
それぞれの家庭の事情がありますので、
今回の記事を参考に、話し合いを
進めてくださいね。