小学生低学年のホワイトデー 本命と義理のお返しにオススメの品3選

手作りクッキー暮らし
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

今の時代、小学生でもバレンタインデーに
チョコレートを渡すことは、
当たり前になっていますよね。

 

もし、あなたのお子さんが
バレンタインデーにもらってきたら、
嬉しい反面、

 

「お返しはどうしたらいいんだろう!?」

 

と、頭を悩ませている方も
いるのではないでしょうか?

 

しかも、まさかの本命と義理チョコ、
どっちももらってきた!!

 

そんなとき、お返しはどのように
すればいいのか?

 

小学校低学年の男の子をお子さんに
持つ場合の、ホワイトデーのお返しに
オススメのものを調べてみました。

 

ぜひ、参考になさってください。

スポンサーリンク

ホワイトデーのお返し選び 本命をくれた小学生へ贈るお返し3選

まず、バレンタインデーをもらったならば、
ホワイトデーにお返しをするのはマナーです。

 

それは小学生でも同様です。

 

バレンタインデーに勇気を出して
チョコをくれた相手の女の子の気持ちを考えて、
お返しを選びましょう。

 

そして、本命と義理ではあげるものは少し
変えた方がいいかもしれません。

 

でも、なにをあげればいいかわからない……

 

そんな迷えるママのために、
まずは本命をくれた相手の女の子に
最適なお返しを、3つほどご紹介いたします。

 

小学校にもつけて行けるアクセサリー

一つ目のお返し候補は、
アクセサリーです。

 

これは、チョコをくれた子に対して、
その子に似合うものを選ぶことになるので、
本命のお返しとしては最適ではないでしょうか?

 

ヘアピンやヘアゴムなど、
可愛いものがたくさんあります。

 

定番の贈り物、文房具

二つ目のお返し候補は、文房具です。

 

これも相手の女の子に
使ってほしいと思って選ぶものですし、
学校で毎日、使うことができます。

 

ボールペンや消しゴムなど、
選択肢はたくさんありますね。

 

普段使いにオススメのハンカチ

三つ目のお返し候補は、
女の子が好みそうな柄のハンカチです。

 

これも普段から学校に持って行けますし、
可愛らしい柄はたくさんあります。

 

このように、本命チョコをくれたお返しは、
形に残るものをあげるのが良いでしょう。

 

大人でも本命チョコを渡すのに
勇気がいることですから、
小学生の女の子にとっても、
とても勇気がいることだったと思います。

 

その思いに答えるには、
誰にでもあげるものというより、
その子にずっと使ってほしいと思えるものを
プレゼントするのが良いでしょう。

 

金額の相場は、300~500円程度で、
いただいたものの同額で
良いのではないでしょうか?

 

大人の場合、ホワイトデーは
倍返しなどと言われていますが、
小学生の間は倍返しする必要はないでしょう。

 

スポンサーリンク

小学生低学年が喜ぶ義理チョコのお返し3選

義理チョコのお返しについてもご紹介しますね。

 

これは、何人かにもらうこともあると思いますし、
相手の女の子も同じものをクラスの何人かの男子に
あげていることでしょう。

 

ですので、お返しも義理チョコをもらった女の子には
同じものをあげてよいのではないでしょうか?

 

クッキーは定番のお返し

まず、一つ目のお返し候補は、
定番のクッキーです。

 

これはホワイトデーでも
定番のお返しですね。

 

おいしくて手軽に食べられますし、
甘いお菓子が嫌いではない子なら
オススメの品物ですよ。

 

ママが手作りしたものを
あげることもありますが、
基本的には市販品で大丈夫です。

 

可愛いビン詰めのアメor金平糖

続いて、二つ目のお返し候補は、
キャンディーや金平糖です。

 

こちらは、見た目にも可愛いですし、
ファンシーなリボンでラッピングをしたら
とても可愛らしいお返しになります。

 

いくつかお返しをあげる
必要があるのであれば、
まとめて買って一つずつ
ラッピングをすると良いですね。

 

お菓子以外ならシールはいかが?

三つ目のお返し候補は、
キャラクター物のシールです。

 

シールって、子供は大好きですよね。

 

好きなキャラクターなどがあれば、
それをリサーチしてあげると良いでしょう。

 

義理チョコのお返しは、100~300円程度で、
手軽にあげられるものがオススメです。

 

スポンサーリンク

まとめ

本命と義理にわけてご紹介しましたが、
やはり選ぶものや金額が異なってきます。

 

小学校低学年では、まだお菓子を
作るのは難しいかもしれませんが、
もう少し大きくなったら、自分で作ったものを
ホワイトデーにお返しするのもいいですね。

 

お返しにはママも悩むかもしれませんが、
息子さんと一緒に考えてあげたり、
相手のママと知り合いであれば、娘さんが
なにが好きなのか、それとなく
聞いてみてもいいかもしれません。

 

今回の記事を参考に、
ホワイトデーのお返しを考えてみてくださいね!

スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク
かおりをフォローする
えぶりでいはっぴねす.com