アスパラの皮はむかないとダメ?皮ごとより下ごしらえしたほうが食べられる!

スポンサーリンク
グルメ
この記事は約5分で読めます。

結論を申し上げると、アスパラの皮は絶対にむかないとダメということはありません。

アスパラ特有の歯ごたえのある硬い食感が好きという人や、根元の筋が気にならない人はそのままでも大丈夫ですよ。

ただ、スーパーで売っているアスパラは、収穫されてから時間が経っていることが多く、皮が硬くなっていることも。

そのため、特別な理由がないなら皮ごと食べるよりも、下処理をしたほうが筋を気にせず食べきることができますよ。

今回の記事では、アスパラの皮むきの必要性と、下ごしらえについてをお伝えします。

スポンサーリンク

アスパラの皮は剥かない?剥く?どっちが正しいの?

アスパラの皮むきについてですが、剥いても剥かなくてもどちらでも大丈夫!

人によっては硬い食感が好きだったり、筋が気にならないなどの理由があるため、完全に個人の好みに分かれるからです。

けれども、スーパーで売っているアスパラは、基本的に収穫されてから店頭へ並ぶまでに時間が経っているため、水分が抜けて硬くなっていることがあります。

わたしも以前、スーパーで買ったアスパラの下処理を満足にしないまま茹でたのですが、筋が残ってしまいました。

噛み切れないし、筋張っているしで、口当たりがだいぶ悪かったので、もったいないけど捨てたことが……

きちんと下処理しておけば、無駄にすることもなかったかなぁと反省してます。

こういった失敗談もありますので、

  • アスパラ特有の硬い食感が好き
  • 筋は特に気にならない

などなど。

上記に当てはまる人以外は、面倒でも皮を剥くほうが食材を無駄にしなくて良いですよ。
とはいえ、春先に並んだアスパラや、農家さんから直送された新鮮なアスパラは、水分が豊富に含まれていて柔らかいため、皮を剥かなくても硬さは気になりません。

また、硬い根本は小口切りにしたり、みじん切りにしてスープや炒め物の具に使ったり、皮はきんぴらにすると、アスパラのすべてを食べきることができますよ!

ぜひ、お試しください。

スポンサーリンク

アスパラの皮はどこまで剥く?筋が気にならない剥き方はある?

アスパラの皮を剥くかどうかは、個人の好み次第。

けれど、やはりスーパーに並んでいるアスパラは収穫されてから時間が経っていることが多いため、どうしても硬さが気になってしまいます。

ですので、アスパラ特有の歯ごたえのある食感が好きだとか、筋が気にならないといった理由がなければ、アスパラの下ごしらえをしてから調理したほうが良いですよ。

下ごしらえとは言っても、特に難しいことはありません。

  • アスパラの根元から3~5センチぐらいを切る
  • ピーラーで皮の表面を剥く

上記2点が下ごしらえのポイントです。

それぞれの項目を詳しく書いていきますね。

アスパラの根元から3~5センチぐらいを切る

収穫から時間が経ったアスパラは、根元から3~5センチが硬くなりがち。
下処理に失敗すると筋が残ってしまい、どんなにがんばっても噛み切れません。

わたしも以前、適当な下処理をしたせいで塩ゆでしても繊維が残り、とてもじゃないけど食べられない状態になりました。

そのアスパラは根元部分の硬いところのみ、捨てております……

このような失敗を避けるためにも、根元から3~5センチのところを包丁で切り落としてしまいましょう。

ちなみに、アスパラの柔らかい部分の見つけ方として、

  • アスパラの穂先と根元の端を軽くつかむ
  • 自然に折れるところでポキッと折る

といった方法もありますが、思っていた以上に長く折れてしまう失敗もあるため、包丁で切るほうが楽ですよ。

硬い根元部分は、別の料理に再利用できますので、捨てないでくださいね!

失敗もあるし、捨てるのはもったいないので皮を剥くほうがいいかも
皮自体は実の白い部分が見えるくらい薄く剥く
もし買ってから時間が経っているようなら根本だけなく、穂先以外の皮を剥いてもいいかも

ピーラーで皮の表面を剥く

根元を切り落とした後は、ピーラーで表面の皮を剥いていきましょう。

皮を剥く目安ですが、アスパラの中心に見える白い部分が見えるくらい薄くです。
ついでにハカマも取り除いてくださいね。

そのまま残しておいても問題はありませんが、口当たりが悪くなってしまいます。

上に書いたことはグリーンアスパラについてですが、ホワイトアスパラは皮が硬いので、穂先から根元まで剥いたほうがいいですよ。

皮を剥くコツは、アスパラに対してピーラーの刃を少し斜めにあてること。
並行に刃をあてると途中で引っかかるので、斜めに角度をつけるとスムーズに剥けます。

また、皮を剥くときはピーラーではなく、包丁でもOK!
けれど、ピーラーのほうが手をケガする心配もないですし、包丁より楽に剥けますよ。

切り落とした筋っぽくて硬い根本の部分は、小口切りかみじん切りなど、火が通りやすいサイズにカットした後、スープや炒め物の具として再利用することができます。

ピーラーで剥いた皮はきんぴらにしてもおいしいですよ!

スポンサーリンク

まとめ

アスパラの皮は剥いても剥かなくても、どちらでも大丈夫!

けれど、収穫されてから時間が経っているスーパーのアスパラは、水分が抜けて皮が硬くなっていることが多いです。

そのため、

  • アスパラ特有の歯ごたえが好き
  • 筋は特に気にならない

といった理由がない限り、調理前に下処理したほうがおいしく食べられますよ。