スポンサーリンク

運動会に義母を呼びたくないって冷たい!?

小学校運動会・かけっこ

可愛い我が子の運動会って、とっても楽しみですよね!

親の手元を離れた幼稚園や保育園、学校で、どのくらい
成長しているのか?

集団生活に、ちゃんとついていけてるのか?

親なら絶対に見ておきたいイベントの一つです。

ただ、お母さんにとっては、気の重いイベントでも
あります。

理由はと言いますと、子供の運動会に義理のお母さんや
お義父さんを呼ぶかどうかです。

スポンサーリンク

正直、義母には運動会に来てほしくない……

大きな声で言えないまでも、心の中ではこっそりと、
そう思っているお母さんは意外と多いです。

なにがイヤって、いろいろとイヤですよね?

だって、運動会を観るのだって、お義母さんが
隣に居たのでは、ずっと一緒に観なくちゃいけない
圧力を感じてしまいます。

お義母さんが、お義父さんやお友達と一緒に
見てくれるならまだしも。

けれど、地元じゃない義理の両親なら、残念ながら
知り合いがいる可能性はゼロ。

――となれば、やはり嫁として、お義母さんたちと
観戦しないわけにはいきませんよね。

一緒に観戦中、子供が徒競走で一位でも取ったりした時に、

「やっぱり○○家の家系だわね~」

なんて、得意げに言われた日には、腹の奥底から怒りが
フツフツと沸いてきちゃいます。

お母さんの本音としては、ほかのママ友達とワイワイ
楽しくお話ししながら見たいのに……と言ったところ
ですよね。

運動会などのイベントでのママ友交流も、お母さんに
とっては、とても大事なことだったりしますもん。

そして、気がかりはもう一つ。

お昼になれば、家族みんなで輪になり、重箱いっぱいに
詰めたお弁当を食べます。

このお弁当も、お義母さんが一緒だったら、なにかと
気を使っちゃいますよね。

まず、お義母さんたちの分まで用意しないといけないの?
いう疑問が出てきます。

家族だけなら子供の好きなものを入れたり、自分の
作りやすいものを中心的に作ったりと、あまり献立に
気をつけなくても良いのですが、義理の両親の分まで
こちらで用意するのであれば、献立から考えなくては
いけません。

それから味つけにも慎重になりますよね。
あと、弁当箱への詰め方も。

とにかくお弁当一つとっても、これだけ気を
使わなくてはならなくなります。

ところが、これが実のお母さんだったら話は
まったく別です。

義理のお母さんと違い、実のお母さんには
そう気は使いません。

なんなら、このお弁当でさえ、実のお母さんに
ちょっと頼んじゃおうかなーとか考えてしまいます。

下に小さな兄弟姉妹でもいたら、実のお母さんに
預けて運動会をゆっくり観戦することすら可能に
なりますよね。

運動会に祖父母が来ると迷惑に思う人もいる!?

さて、ここまでは嫁視点でお義母さんが運動会に
来るのが嫌な理由を書きました。

では、ここからは運動会に参加している児童の母親と
して思ったことを書きます。

我が子の運動会というのは、前にも述べたように
大事な大事な行事の一つです。

子供が出場する競技は、親としていい場所をゲット
しておきたいものです。

動画を録画して思い出にしたい。
写真をたくさん撮っておきたい。
一番いい場所で応援してあげたい。

などなど、いろいろな理由があります。

ただ、運動会の競技は学年ごとに分かれて行われるので、
観戦席もおのずと学年ごとにローテーションされて席も
取りやすくなるものです。

しかし、そこに祖父母がいると話は別。

ずーっとそこに陣取って動きません。

そうなると、観戦席の場所取りが難しくなります。
はっきり言って迷惑。

さらには、知らない子供の評価までし始めます。
割と大きな声で。

かけっこで一生懸命に走っていった我が子の総評を、
勝手にされているのを聞かされる母親の身にもなれと、
怒りが込み上げてきます。

――とまあ、自分の義母じゃないにしても、運動会に来る
他人の義母を疎ましく思う人間が割といるというものです。

では、運動会は誘わないほうが良いのか?

難しいところです。
運動会は毎年、大体同じ時期に行われますので、
誘わないというのもどうかと思いますよね。

旦那さんがうまいこと言ってくれるのがベストなんですが、
それもあまり期待できません。

お義母さんの体調や予定を心配している感じを出して、
録画した運動会を後日、見せるというのも一つの手かも
しれませんね。

まとめ

とにかく運動会は、お母さんにとっては大変な行事です。

朝、早くからお弁当を作って、場所を確保して、応援して、
撮影してなど、やることはいろいろあります。

できれば義理のお母さんに、余計な気を使うというのは
避けたいところですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする