スポンサーリンク

タオルの上からドライヤーをかけてもムダだった!? 髪を早く乾かすコツ

ドライヤーをかける女性

シャンプーした後に、髪を乾かすのって意外と
重労働ですよね。

髪が長いほど時間もかかりますし。

それに、忙しいときや疲れているときは、
本当に面倒です。

ですが、面倒だからと自然乾燥していると、
キューティクルが開いたままになり、枝毛や
切れ毛の原因となることも。

そうならないためにも、できるだけ時間をかけず、
早く髪を乾かしたいものですね。

今回の記事では、髪をできるだけ早く乾かすコツの
ほか、テレビで紹介されていた裏技テクニックは、
本当に効果があるのか、調べてみました。

ぜひ、参考になさってくださいね!

スポンサーリンク

テレビで紹介されていた裏技は効果がない!?

テレビなどで紹介されていた、髪を早く乾かす裏技。

「さっそく試してみたけど、まったく効果がなかった!」

なんてこと、ありませんか?

そんなときは、正しいやり方と注意事項をチェックして、
再チャレンジしてみましょう!

例えば、ドライヤー時間が半分(?)になる!と話題の、

「タオルをかぶってドライヤーを当てる方法」

こちらの裏技が上手にできなかったという人のために、
どうすればいいのか、改良するポイントを考えてみました。

まずは、タオルの厚み。

タオルが分厚いと、ドライヤーの熱が伝わりにくく、
この方法には向きません。

薄めのタオルに変えてみましょう。

次に、タオルのかぶり方。

どうしても、片手でドライヤーを持っているので、
タオルが落ちやすいですね。

落ちにくくするために、大きめのタオルを被り、片手で
上の方を軽く押さえたり、少し揺り動かしながらやると
いいようです。

そして、ドライヤーの風力も、ポイントです!

美容院などで使われているドライヤーには、1200w以上で
1.3㎥以上の風力という基準があるそう。

ドライヤーを新しく購入する際には、これを参考に
したいですね。

ある程度の風力がないと、髪を乾かすのに長く時間が
かかってしまいます。

本当に髪を早く乾くコツをご紹介!

テレビや雑誌などで、よく紹介されている裏技から、
本当に髪を早く乾くと評判のコツをご紹介します!

裏技1:タオルサンド法

いつものように、洗髪後はできるだけ髪の水気を
切ってタオルドライした後、ドライヤーをかける
段階で、乾いたタオルを被ってください。

自分の髪とドライヤーの間に乾いたタオルを挟んで、
タオルの上からと、時々、内側にドライヤーをかける
方法です。

タオルが吸ってくれた髪の水分を、ドライヤーの熱風で
蒸発させながら、髪を乾かしていきます。

この方法では、ドライヤーの熱でタオルも乾き、その
部分でまた髪の水分を吸ってくれるという好循環が
生まれるため、髪が早く乾く仕組みを作っています。

サイズがちょっと大きく、あまり厚みのないタオルを
被るのがポイントです。

この方法は、乾いたタオルさえ用意すれば簡単に
できるのでお手軽ですね。

この裏技、実際に試した人たちからも、半分とまでは
いかなくても、時短できて使える!と絶賛です。

裏技2:ティッシュドライ法・キッチンペーパードライ法

タオルドライした後、横や後ろの毛束にまだ残っている
水分を、ティッシュやキッチンペーパーで吸い取っていく
方法です。

手軽にでき、これだけ念入りに水分を取れば、その分
ドライヤーで乾かす時間は短縮できますね。

裏技3:タオルをミトンにする方法

タオルドライした後、乾いたタオルを片手にはめて、
手首のところをゴムで止めてミトン状にし、サイドや
後ろの髪の残った水分を吸わせていく方法です。

同時に、もう片方の手でドライヤーをかけながら
できるとより効果があります。

いずれの裏技も、家にあるもので手軽にできる時短
テクニックとなります。

どれも、ドライヤーで乾かす時間を短くできますし、
同時に髪にも優しい裏技だと言えます。

ちなみに、1~3の裏技は組み合わせることも可能ですよ。

こうして裏技として紹介されているものを見ると、
髪を早く乾かすコツは、ドライヤーを取り出す前に、
タオルやティッシュなど、なにかをプラスして、
できるだけ簡単且つスピーディーに髪から水分を
取り去ること、なのですね。

また、濡れた髪の水分を早く取るものと言えば、
この頃ですと、マイクロファイバーという水分
吸収率の高い速乾性の生地で作られた製品が、
各種販売されています。

ふきん、タオル、バスタオルなどの吸水グッズが、
いろいろありますよね。

マイクロファイバー製品は、100円ショップにも
販売されていて、頭にさっと被れるターバン状の
ものから、ミトン状のもの、手袋状のものなど、
髪の水分を早く取るのに、一役かってくれます。

例えば、タオルドライのときに、ターバン状のものを
被っておき、ちょっとスキンケアなどしている間に、
髪から水分を吸い取ってくれますので、とても効率が
いいんですよ。

そんな風に便利グッズを使うのも、楽しいかもしれません。

そのほかにも、髪を早く乾かすスプレーなるものも
販売されています。

ドライヤーの前に、濡れた髪にスプレーを吹きかけると、
髪から水分が蒸発しやすくなる成分でできています。

コストはかかりますが、手軽ではありますね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【企画品】サボリーノ 速く乾かスプレー(160g)
価格:1404円(税込、送料別) (2018/4/11時点)

そして、ドライヤーをかける場所も変えてみましょう。

浴室の横の洗面所だと、お風呂上がりなどは湿度が
高くて、髪を乾かすには適していません。

空気が乾いたお部屋のほうが向いていて、ドライヤーの
時間を短縮することができます。

最後にもう一度――

ドライヤーの風力は、1.3㎥以上!がオススメですよ。

まとめ

髪が長い人にとって、ドライヤーで乾かす作業は
大変ですが、だからといって自然乾燥に任せると、
髪に深刻なダメージを与えるため、良くありません。

面倒だけど、髪のことを考えると、できるだけ時短で
乾かしたいですよね。

これならできる!という裏技や、マイクロファイバー
製品などの便利グッズを使って髪の水分を取れば、
ドライヤーをかける時間が短縮され、節電もできますよ。

そして、ドライヤーは、湿度の高い洗面所などは
避けて使い、美容室などでも使われているような
風量があるものがオススメです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする