スポンサーリンク

もしかしてカビ!?布団の裏に出た黒い斑点の謎

布団干し5

ある日、布団を畳んでいると、敷き布団の裏側に
なにやら黒い斑点が!!

こんな経験、ありませんか?

敷き布団に広がる黒い斑点――

それだけで、なんだか嫌な予感がしますよね。

あなたもなんとなく察している通り、
黒い斑点の正体は、もしかしなくても
そう、

「カビ」

なのです!

しかし、どうしてこんなところにカビが
生えてしまうのでしょうか?

その謎と、布団にカビを生えさせない方法を
調べてみました。

スポンサーリンク

寝汗?湿気?布団の裏が湿っている

朝、目覚めたとき、敷き布団をめくってみましょう。

ちょっと湿っていませんか?

人は一晩でコップ1杯(200ml)の汗をかくと
よく言われます。

季節などにもよりますけど、わたしたちは、
寝ている間に200mlから1Lもの汗を
かいているんですって!

冬場は、自分ではあまり感じないかもしれませんが、
それでも、汗はかいているのです。

暖房をつけるので、温度差からの結露もできて、
湿気が生じることもあります。

そして、その水分を布団が受け止めてくれている
わけですから、湿って当たり前ですね。

また、梅雨の時期には、まだ寝ていない状態でも、
既に湿った感じがしていませんか?

梅雨時期は、お部屋全体の湿度が高いので、
湿気を吸いこんでしまうからでしょう。

布団にカビが生えない方法

カビが生える条件は、湿り気――つまり水分と、
カビの栄養になるものがあること。

それから、温度です。

布団は、わたしたちの汗と共に、皮脂汚れも
受け止めてくれていますよね。

この人間の皮膚から出る、皮脂や髪の毛といったものの、
たんぱく質と脂肪がカビの栄養となるのです。

そして、私たちから出る寝汗で湿り気もあるし、
程良く体温であたたまる布団は、絶好の条件を
備えていることになります。

ですから、布団にカビを生えさせないためには、
汚れを取って清潔にし、乾燥させてやることが大切です。

そのためにも、布団にはカバーをかけておき、
定期的に洗って使いましょう。

カバーの交換の目安は、週一回が理想です。

できれば、洗い替えのカバーも用意しておくと、
洗濯を後回しにしても大丈夫ですよ。

そして、布団本体に入り込んだ水分も、
しっかり乾燥させてやりたいですよね。

庭先やベランダなどで、布団を干せる条件があれば、
天気の良い日に布団干しをしましょう。

お休みの日ごとにできればいいのですが、
なかなか難しいなという場合は、2~3週間に1回、
少なくとも1ヶ月に1回は干したいですね。

日光に含まれる紫外線には、殺菌作用がありますから、
できれば天日干ししましょう!

それに、干したての布団は、気持ちがいいものです。

しかし、マンションやアパートのベランダでは、
布団のような大物が干せない場合もありますよね。

布団乾燥機があれば越したことはないですが、
それがなくても、工夫次第で、ある程度は部屋で
乾燥させることもできます。

洗濯物の部屋干しの考え方と同じで、
扇風機やサーキュレーターなどを使って、
布団に風を当ててみましょう。

もちろん、床に敷いたままではなくて、椅子など
なにか台になる物で立てかけ、布団の裏側に風が
当たるようにしてやります。

布団をベッドでなく、床に敷いて寝ている場合は、
身軽な利点を生かして、毎日布団を上げて、床から
動かすだけでも、敷きっぱなしにするよりは空気が
入りますから、かなり違いますよ。

運動にもなるし、部屋も広く使えますね。

まずは、同じ場所での敷きっぱなしを
やめるようにしてみましょう。

また、ベッドの場合も、ベッド下に荷物を詰め込んで
収納している状態だと湿気が逃げず、ベッドとその下に
こもってしまいます。

下の荷物にも、カビが生えることがありますよ。

荷物の収納は、通気を考えることも大事ですね。

まとめ

布団の裏に黒い斑点を発見したら、
それはきっと、カビです!

なぜ、そんなところにカビが生えてしまうのか?

今回の記事では、その謎を解明していきました。

そして、大事な布団にカビを生えさせないための
対策について、ご紹介しました。

大きな布団を扱うのは大変で一苦労ですが、
身体に直接触れるものですので、気持ちよく
使いたいですよね。

頻繁に外干しができない環境でも、布団カバーを
利用したり、工夫して室内でも湿気を飛ばすことは
できますので、清潔で乾燥させた布団をできるだけ
キープするようにしましょう。

布団カバーも、デザインや素材がいろいろあって、
季節や気分で替えていくと、心地よさもプラスできますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする