ちまきの日持ちする期間はどれくらい?冷蔵庫で保存しても大丈夫?

暮らし
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

お餅のようなちまきも、中華ちまきも、
とってもおいしいですよね。

 

でも、ついついたくさん買ってしまったり、
もしくは作りすぎたり、いただいたり――

 

一度に食べきれないとき、
どうやって保存すれば良いか悩みませんか?

 

ちまきはどれくらい日持ちするものなのか、
冷蔵庫で保存しても大丈夫なのか、
知っておきたいですね。

 

また、
次に食べるとき、おいしくいただけるように、
上手に保存する方法についてもご紹介します!

ちまきを保存できる期間はどれくらい?

ちまきは、どれも竹の皮や
笹の葉に包まれています。

 

包んでから蒸したり、
茹でたりしているので、
直接、中身が空気に
さらされてはいません。

 

けれど、それでも時間が経つと、
水分が失われて乾燥し、
固くなっていきます。

 

もち粉を材料にして練って
作られているちまきの場合、
和菓子屋さんなどでは、
作った日から2~4日くらいが、
おいしく食べられる期間としています。

 

ちまきもお餅のようなものと考えると、
それ以降は次第に固くなり、
カビが生えていくことが想像されますよね。

 

お正月のお餅も常温に置いておくと、
1週間もすればカチカチになるので、
それくらいが保存できる期間です。

 

中華ちまきのほうは、どうでしょう?

 

中華ちまきは、
もち米や米を肉と野菜などの具材と
共に炒めてから竹の皮に詰めて包み、
蒸して作る中華おこわですね。

 

中身がおこわなので、
やっぱり時間がたつと固くなってしまい、
次第に劣化してカビも生えてしまいます。

 

以前、中華街の屋台風なお店で
中華ちまきを買ったとき、

 

「冷蔵庫で1週間、冷凍庫で1ヶ月もちますよ」

 

お店の人から、そのようなことを
教えてくれました。

 

とても適切な説明だったので、
しっかりと記憶に残っています。

 

普通のおこわを冷蔵庫に保存していて、
包装がうまくできておらず、
3~4日もすれば表面がカチカチになり、
米粒がぽろぽろになってしまったことがあります。

 

冷蔵庫に保存するときは、
包装をしっかりするのもポイントですね。

 

中華ちまきもやっぱり
冷蔵保存で1週間が限度でしょう。

 

ちまきの保存方法は冷蔵庫で大丈夫?

さきほど、
お店の人が教えてくれた中華ちまきの保存法、
冷蔵庫では1週間、冷凍庫では1ヶ月もつという
情報をご紹介しましたね。

 

実は、ほかのお餅のようなちまきの場合も、
冷凍すれば1ヶ月もつと考えて大丈夫なんです。

 

どんな食品でも、
冷凍保存中もさまざまな変化が起こりますので、
だいたい1ヶ月以内に食べきるようが良いのです。

 

ちまきを長く保存したいとき、
しっかり包んで冷凍保存できますが、
1ヶ月以内に忘れずに食べるようにしましょう。

 

食べる予定がそこまで先でない場合の保存なら、
冷蔵庫内での保存で大丈夫です。

 

4日~1週間が限度ですが、
できるだけ早めに食べるほうが、
劣化やカビなどの心配がなく、
おいしくいただけます。

 

このとき、乾燥を防ぐためにも、
ラップやナイロン袋で丁寧に
包んでおくようにしましょう。

 

また、冬の寒い季節には、
暖房がかかっていない場所なら、
常温に置いておいても大丈夫ですよ。

 

保存しておいたちまきは、
食べるときには固くなっているので、
再度レンチンか蒸し器で蒸して食べます。

 

完全に元通りとまではいきませんが、
再び水分を含ませ、ふっくらモチモチにして
食べることができますよ。

 

まとめ

ちまきを食べきれないときなど、
保存しておくことができるとうれしいですね。

 

ちまきは冷蔵庫で4日くらい、
中華ちまきは1週間、
保存することができます。

 

食べるのがそれより先になりそうなら、
できるだけ早いうちに、
1個ずつ丁寧に包んでから、
冷凍保存するようにしましょう。

 

冷凍庫だと1ヶ月間、保存できますよ。

 

食べるときには、
レンジ加熱か蒸し器で蒸して食べると
おいしくいただけるので、お試しください。

 

スポンサーリンク
暮らし 食べ物・飲み物
スポンサーリンク
かおりをフォローする
えぶりでいはっぴねす.com