学校からのプリントはどうしてる?いつ捨てるのがいい?何ゴミ?

暮らし
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

子供が学校へ通っていると、
毎日のようになにかしらのプリントを
持って帰ってきますよね。

今は紙の文化がなくなりつつありますが
学校はまだまだ紙が中心で、
気がつけばどんどん
溜まっていってしまいます。

学校行事のお知らせや
子供のテストなどなど――

さまざまなプリントがありますが、
残しておきたいけど保管場所にも困る……

そんな風に悩んでいる方も
いるのではないでしょうか?

そこで、どんどん溜まってしまう
学校のプリント関連を捨てるタイミングと、
世のお母さんたちはどのように
プリントの管理をしているのか
お話しますね。

スポンサーリンク

学校のプリントはいつ捨てるもの?

結論から先に言いますと、
学校関連のプリント類は基本的に
捨てるスタンスで管理して大丈夫。

というのも、小学校ですと
6年間ありますよね。

小学校に通う6年間、
毎日のようにもらってくるプリントを
すべて大事に保管していると、
保管場所もなくなりますし管理も大変。

ですので、お知らせのプリントなら
その行事が終わった時点で捨てる。

テストの答案用紙も、
100点を取ったテストは記念に
残しておいてもいいですが、
それ以外のテストはその学期や学年が
終わったら捨てるというように
決めたほうがいいでしょう。

子供ががんばったテストを捨てるのは
親としても忍びない気持ちになりますが、
そのテストをもう一度やり直す子は
あまりいないのではないでしょうか。

わたし自身も子供の頃、
返ってきた答案用紙は次に生かすとか、
反省するとかもなく、点数だけ見て
ポイッと捨てていました(笑)

授業を振り返る目的があるなら、
別にテストの答案用紙でなくても、
授業中に自分のとったノートや
教科書を見れば復習はできます!

過去の自分は棚に上げて物を言うなら、
子供が授業内容を理解しないままテストを
捨てるのもアレなので、学期ごと、
もしくは在籍中の学年だけと決めて
保管しておくのが良いですね。

テスト関係は以上です。

次に、子供の思い出関係。

運動会や学芸会など、学校行事を
記事にしたプリントをもらった場合、
なかなか捨てられないと思います。

その場合、保管する場所があるなら、
無理に捨てる必要はありません。
大人になってから読み返してみると、
懐かしくなりますしね。

それか、A4サイズのファイル1冊分を
学年ごとに保管しておくと決めて、
捨てたくないなと思うものをポケットの数だけ
残しておくのも良いですよ。

厚みのないタイプのファイルなら、
6学年分でもかさばりません。

学校からのプリント類を捨てるタイミングと
保管方法についてまとめますと、

①保管場所に限りがあるという方は、
お知らせプリントはその行事が終わったら捨てる

②テストは学期ごと、学年ごとで終わったら捨てる

③捨てられない思い出のものは
クリアファイル1冊分にまとめる

以上のように決めておくと、
悩まなくて済みますよ。
参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

学校のプリントは何ゴミで捨てればいい?

わたし自身、あまり物は残しておかないタイプ。

いらないプリント類は、子供の頃から
どんどん捨てていました。

でも、プリントって何ゴミに
捨てていいか迷いますよね。

今は分別に厳しい地域もありますので、
確認しておきたいところです。

まず、テストの答案用紙や
どこの学校かわかってしまうプリントの場合、
個人情報を知られる不安があります。

一番安心なのは、
シュレッダーにかけて
燃えるゴミに出すのがベスト。

我が家もシュレッダーは愛用していますが
安心して捨てることができるので
小さいタイプでもあると便利ですよ。

もし自宅にシュレッダーがない場合、
個人情報がわかる部分だけ
はさみや手で細かく切り刻んで、
燃えるゴミに出すといいでしょう。

名前や住所、学校名など、
ゴミ袋から透けてしまわないように
破って見えなくしたり、内側に折ったりして
外側からh見えないようにすることが大切です。

今は、資源ゴミに紙ゴミを出すところが
多いですが、こうした個人情報が
書いてあるものは紙ゴミではなく、
燃えるゴミに捨ててしまって大丈夫です。

スポンサーリンク

まとめ

学校からのプリント類は、
気がつくとどんどん溜まって
管理が大変になりますよね。

そうならないためには、

・学校行事のお知らせプリントは
終わった日に捨てる

・テストの答案用紙は学期ごと、
または学年が変わるタイミングで捨てる

・捨てられない思い出のものは
クリアファイル1冊分だけ厳選して残す

以上のように管理してみては
いかがでしょうか?

いつか見るかもと残しておいても
意外と見ないことが多いもの。

定期的に整理して、
いらないプリントは燃えるゴミに
出して、管理を楽にしてくださいね。

スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク
かおりをフォローする
えぶりでいはっぴねす.com