お歳暮を旦那の実家から断られたら本当に贈らなくても大丈夫?

引き出物と着物姿の女性 暮らし
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

お歳暮の時期が近づくと、
嫁として、

「義実家に送ったほうがいいのかな?」

と、頭の中が疑問符だらけになりますよね。

たとえ義理の両親や夫から
お歳暮はいらないと言われても、
その言葉を鵜呑みしていいものか、
悩むと思います。

結論を先に申し上げると、
断られていたとしても、
最初は贈ることをオススメします。


その理由を詳しく解説していきますね。


スポンサーリンク

お歳暮を辞退する旦那の実家に贈らなくてもいいの?

そもそも、お歳暮と言うのは、

『一年分の感謝』
『お世話になっております(ご無沙汰しています)』

という意味です。


義実家が近く、
普段からよく顔を出していて、
子どもがいる場合。


たまに預かってもらっているなら、
贈っても良いのではないかと思います。


遠方に住んでいて、
年に数回しか会っていないという場合でも、
ご無沙汰しているなら贈っておくのが無難。

「お歳暮は別にいいのよ~」

と、義理のお母さんから言われても、
間に受けても良いのか不安な場合は
相手の様子をよく見ることが一番。

普段からコミュニケーションを取っていれば
それほど難しくはないはずです。
しかし、

「お歳暮はいいって言われても、
やっぱり贈ったほうが……」

なんて、ふと不安になり、
お歳暮を贈ってしまった場合、
きっと、お姑さんから

「贈らなくても良かったのに~」

と、お礼の電話がくるでしょう。
そのような場合には、

「買い物をしていたらおいしそうで、
お義母さん(お義父さん)に
食べていただきたかったんです」

こんな風に答えれば、
相手も悪い気はしないはずです。

義実家と同居をしている、
二世帯住宅という場合でも
最初は贈っても良いでしょう。

そこでお姑さんから、
気を遣わないでほしいと
改めて言われたら――

「わたしたちも食べたかったので。
そして気持ちですから」

と、笑顔で答えたら
義両親もそれ以上はなにも言わないですし、
嫌な顔はしないでしょう。


相手から『不要』と言われても、
最初は贈ってみる。


もし『今度からいらないよ』と言われても、
相手の反応を見て、翌年のお歳暮はどうするか
決めると良いでしょう。

「他人行儀で嫌だ」
「家計の負担になるから……」

このような考えでお歳暮を
お断りになる親もいるので
覚えておくと良いですね!


お歳暮は両家に贈るもの?

お歳暮は『一年分のご挨拶』なので、
義実家のみならず、
実家に贈っても良いものです。

家庭の考え方によっては、
たとえ家族間でもお歳暮などのやりとりを
大事にしている、特に大事にしていない、
それぞれ考え方がありますよね。


だからこちらも、最初の一年は贈ってみて
様子を見るのが良いでしょう。


結婚をして『家』を出たのだから、
親とはいえ、別の『家』になったのだから、
こういったやりとりがきちんとできるのか、
親から常識を問われるかもしれないのです。

遠方に嫁いでしまって、
年に数回しか帰れないという場合や
お盆や年末年始もなかなか帰れないという
状況もありますよね。


そんな場合は、お歳暮を贈る習慣を
作っても良いかもしれません。


また、お歳暮は実の両親と義理の両親同士で
やりとりしている場合も多いでしょう。


お嫁さんの両親が夫側の両親に、
『娘がいつもお世話になっております』という
意味で贈るケースが主です。


夫側の家がそういった、
しきたりを重んじているのか?
旦那さんや義理両親に聞いておくと
良いのではないでしょうか?


大晦日に義実家へ手土産持参で帰省してみては?

たまにしか里帰りができないなら、
手土産は必須ですよね。


お正月の前であれば、
食品やお酒はたくさんあっても
困らない物でしょう。

ですので、
こういった消え物の
手土産が喜ばれますよ。


仏前に供えるお菓子が
必要な場合もありますので、
用意しておくと良いでしょう。

手土産を持っていけば、
最初の挨拶、話のきっかけにもなりますし、
嫁としての義理を果たしたことにも。

次の日はお正月ですし、
ほかの親戚が手土産を持参してきて、
『うちだけなにも用意してない……』
という恥ずかしい事態は避けたいところです。


年末のご挨拶に最良の品を用意して
気持ちよく新年を迎えたいですよね。


もちろん、手土産も大事ですけど、
年末に帰省したとき、元気な姿を見せることが
義理の両親としては嬉しいことかもしれません。


義実家にお歳暮を断られた時のまとめ

お歳暮には、

『一年お世話になりました』
『来年もよろしくお願いします』

という意味がありますので、
ある程度の期間は贈り続けるものです。


お歳暮を贈ることだけが
いいとは限りません。


旦那さんや義両親の考えを
事前にリサーチしておくことが無難でしょう。


スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク
かおりをフォローする
えぶりでいはっぴねす.com