着物の古いシミを自分で取る方法と染み抜き料金はいくらかかるの?

着物姿の女性暮らし
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

最近では、めっきり着物を着る方を
見かけなくなりましたよね。


着付け教室などに通い、
『やっぱり着物って素敵だな』と思うことも。


それで、お母さんやおばあちゃんの
着物を着てみようと、タンスから
引っ張り出してきたら、まぁ大変!

「やだ、こんなところにシミが……」

着物の保管は、
洋服と違って難しいですよね。
そして、シミ抜きも。


自分でシミ抜きできれば
お金はかかりません。
でも、素人がやると着物を傷める可能性が。


しかも、シミ抜きをするどころか、
余計に汚れが広がってしまい、
かえってお金がかかることもあります。


今回は自宅で着物のシミ抜き方法と、
専門業者に頼んだ場合の染み抜き料金は
いくらかかるのかをご紹介します。


着物の古いシミは自分で取れる?

さて、着物の古いシミですが、
自分で取れるのでしょうか?


結論を先に申し上げると、
黄変した古い染み、汚れはやはり
自分で取ることは難しいです……


白いTシャツを思い浮かべてほしいのですが、
毎日きちんと洗濯していても、気がつくと
黄ばんでいること、ありますよね?

着物も同じ。
クリーニングに出しても、
落ちるのは皮脂汚れのみです。


が、それでも家で
できるだけのことをしたいと思ったら、
着物の染みを取るときは、水を使うこと。


その理由は、お湯を使うと
シミが着物の繊維に入り込んで
さらに落ちにくくなってしまうため。


染み抜き用の洗剤を使っても
裏地に蓄積された汚れは
取れない可能性のほうが高いです。


祖母、母、娘と、代々受け継いできた着物であるとか、
柄が気に入っていて捨てるのはちょっと……など、
どうしてもキレイな状態に戻したいと思うなら、
染み抜き専門店ご相談してみてはいかかでしょうか?


着物のシミの取り方

普段、着物を着る機会はないですよね。


レンタルした着物や振袖を
汚したとなると、焦りますよね。


つい、おしぼりやウェットティッシュでこすったり、
お湯で汚れを拭き取ろうとしていまいがち。


しかし、シミの種類や成分によっては
汚れを広げてしまうことになりかねません。
どんな汚れがつきやすいでしょうか?


ファンデーション・口紅

こういった油性の汚れは、
ベンジンで落とせます。


綿のガーゼでベンジンをよーく含ませる
色落ちをしても良い布を下に敷く
着物の汚れた部分を広げ、汚れた部分を軽く叩く
※このとき、こすらないように注意!


トントンとガーゼで叩き、
下の布に汚れを移す感じにします。


この方法はチョコレートやボールペン、
食用油にも使えますよ。


液体による汚れ

コーヒーやジュース、
お茶、醤油、血液、汗、雨、泥などに
効果的な落とし方をご紹介しますね。


こういった汚れは水性汚れと言い、
シミの中でもっとも多いんです。


水性汚れの場合ですが、
まずは、中性洗剤を
15倍くらい薄めた液を用意してください。


ファンデーションなど油性汚れと同じく、
汚れても良い布を敷き、決してこすらないように、
トントンと汚れた部分を軽く叩きます。

マヨネーズやバター、
ドレッシングなどの油性と水性が
混ざった汚れは、落とし方が少し
複雑になります。


ベンジンで軽く叩いて汚れを
下の布に移してから、
薄めた中性洗剤で軽く叩きましょう。

血液やたんぱく質の汚れは
酸素系漂白剤が便利ですよ。


酸素系漂白剤を使う場合、
汚れてもいい布を下に敷き、
綿棒に酸素系漂白剤を含ませて、
着物に塗り込みます。


できれば、ドライヤーの温風を
2分程度あてると効果が高まります。
しばらくしたら、水ですすぎましょう。

雨の日や雨上がりに道路状況が悪く、
車に泥をはねられてしまったという場合は
どうすれば良いのか?


泥汚れの場合、まずは陰干しをして、
泥に含まれている水分を飛ばしましょう。


そうすると乾燥するので、
乾燥した汚れ部分をブラシではらうと
キレイになりますよ。

汗の染み抜きは、
汗が着物に浸透する前に
タオルやいらない布などに
吸収させることがポイント。


時間が経っている場合は
霧吹きに水を入れて、
シミに噴きつけます。


噴きつけたところにタオルを当てたら、
手で押さえて吸収させます。
最後は陰干しをしましょう。

ワインのシミ抜きだけは、
クリーニング店にお任せしたほうが無難ですよ。


着物の染み抜き料金はどれくらいかかるの?

もし、着物をクリーニングに出すとしたら、
クリーニング料金が気になるところ。


そもそも、

「着物って、どこにクリーニングに
出したら良いの?」

と、疑問に思いますよね?

  • ごく普通のクリーニング店
  • 呉服店
  • 着物のクリーニング専門店

上記のお店でやってもらえますよ。


生地や素材、
用途によって値段が変わってきます。


ですが、一般のクリーニング店は
着物の知識がない場合がほとんどなので、
あまりオススメできません。

洋服と同じように処理をして
ダメにしてしまうことも……


呉服店に頼むと
手数料がかかる場合がありますので
お高くなってしまう可能性が高いです。


クリーニングを頼むとなると、
大体1600円~10000円強くらい。


変色しているか、
していないかにもよります。


シミ抜き500円玉くらいの大きさで
500円程度でできるところもありますので、
まずはお近くのクリーニング店を
検索してみてはいかがでしょうか?


着物のシミを自分で取る方法と染み抜き料金のまとめ

着物のシミはすぐについた汚れであれば、
ある程度なら落とせますが、
古いシミを自分で落とすのは不可能に近いです。


着物のカビ取りやシミ取りを
自分でやるときは、まずは
ご紹介した方法をお試しください。


それでも取れない場合は、
クリーニング店で相談することを
視野に入れましょう。

ですが、クリーニング店は料金よりも、
あなたが納得のいく内容なのか?を
よく考えてくださいね。


着物の丸洗いを頼んだほうが
オトクな場合もありますから。


スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク
かおりをフォローする
えぶりでいはっぴねす.com