生クリームがボソボソになる原因と分離した時のリメイク方法を伝授!

八分立てのピンとした生クリーム暮らし
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

ケーキ屋さんで買うケーキ。
生クリームがとてもおいしいですよね。


でも、いざ家で作ってみようと、
シャカシャカ泡立てをがんばってみるも、
なかなかうまくいかなかった経験、ありませんか?

先日、うちでも小学生の息子が
バレンタインのお返しでケーキを作りたいというので、
一緒にケーキ作りをしてみました。

わたしが小学生の頃、
男の子がケーキを作るというのは
あまり一般的ではなかったような(笑)
時代は変わりますね……

そんな話はさておき、
最初に息子とケーキを作ったときは、
なぜか生クリームがボソボソになってしまい大失敗。

原因を調べ、対策してみたところ、
次は見違えるようにおいしい
ホイップクリームができましたので、
そのコツをご紹介します。

この記事を読んで私のように失敗せずに
おいしい生クリームを作ってくださいね。

生クリームがボソボソになる原因とは?

まず最初に、なぜ生クリームが
ボソボソになるかについて説明しますね。
その原因は主に2つあります。
1つ目は、

「生クリームを泡立て過ぎること」です。

わたしも経験済みなのですが、
生クリームを泡だてようとすると、
ついついがんばちゃって、
生クリームを泡だて過ぎてしまう傾向があります。

電動の泡立て器を使ったときも、
それを使わずに手で泡だてたときも同様です。


では、どのような状態になるまで
混ぜたらいいのでしょうか?
それは、

「生クリームを上に持ち上げたときに
角が立つくらい」です。

このような状態になるまで
かき混ぜてみましょうね。
2つ目は、

「生クリームを泡立てる際の温度が高い」です。

冷蔵庫から出して時間が経ってからの生クリームや、
そもそも常温に置いたままの生クリームを
泡だててしまったのか、どちらかの可能性があります。

いずれにしても、温度が高い状態で
生クリームを泡立てると、早く泡立ちますが、
その分ボソボソになってしまいますので
ご注意くださいね。

泡立てるときは、
ボウルに氷水を入れた状態で
冷やしながら行うとより効果的です。


生クリームを泡立て最中に分離した時のリメイク術

もちろん、最初からボソボソにならないように
生クリームを泡だてられればいいのですが、
それでも失敗して分離してしまった……

そんなときは、泣く泣く
作り直すしかないのでしょうか?


いいえ。
実は、分離したホイップを
復活させる方法があるのです。


この章では、誰でも簡単にできる、
分離したホイップクリームの復活方法を紹介します。

その方法とは、
どのご家庭にもあるであろう、
「牛乳を入れる」こと。


一気に入れるのではなく、
少しづつ、ゆっくりとなじませるように
かき混ぜてみましょう。

入れる量は少量で大丈夫ですよ。


かき混ぜていくと、あんなに硬くて
ボソボソだった残念な生クリームが
なんと滑らかな状態に戻るのです!


この瞬間を見ると感動しますよ(笑)


理想的な生クリームの状態に戻り、
ケーキやデコレーションにも
使えるようになりますので、
安心してくださいね。


生クリームがホイップ中に分離しない方法

では最後に、生クリームがホイップ中に
分離しない方法について紹介しますね。


これがわかっていれば怖いものなしですよ。
分離する原因は1章でも紹介しましたが、

・泡だてすぎること
・泡立てる際の温度が高いこと

でしたよね?
それらを踏まえた上で、
失敗しないコツを紹介します。

まずは泡だてすぎに対する対策。


ホイップにするために、始めはどうしても
素早く混ぜますが、少しかき混ぜてきて
ホイップされてきたら、なるべく空気を
入れるように混ぜるようにします。

空気を入れるときのコツは、
なるべく底にある生クリームを
上に持ち上げるような感覚で
やってくださいね。


うちの子供もコツを掴んだら、
結構簡単にやってましたので
比較的すぐにできるようになりますよ。

そして、混ぜすぎると逆に硬くなりますので、
生クリームをある程度混ぜていき、
ホイップを持ち上げたときに
角ができるくらいの柔らかさになったら
ストップしてくださいね。

そして、次に生クリームの温度に
気をつけましょう。


泡立てる際の温度が高いと、
やはりボソボソになるんでしたよね?

一般的には3〜7℃程度にすると良いと
言われていますが、
冷蔵庫で保存しておけば
失敗することはないでしょう。

わたしも実際に半日ほど
冷蔵庫に入れておいた生クリームを使って
ホイップを作ったところ、
ちゃんと成功しましたよ。


生クリームがボソボソになる原因とリメイクまとめ

最初は小学生の息子が、
ケーキ作りをしたいというきっかけから始めた
生クリーム作り。

実際に手作りしてみると、
最初は物珍しくて意外に楽しいのですが、
だんだん腕が疲れてきて、
想像以上に難しいのが実感しました……

さて、生クリームをボソボソにさせないコツを
最後にご紹介します。

「生クリームをかき混ぜ過ぎない」こと
「かき混ぜる際の温度を高くし過ぎない」こと

以上、2点だけを気をつけるだけで、自宅でも
簡単に生クリームをおいしいホイップができます。

もし、ホイップしすぎて、
生クリームが分離してしまったら、
少しずつ牛乳を加えてみてください。


元の滑らかな状態に戻りますよ。
ぜひ、参考にしてくださいね。


スポンサーリンク
暮らし 食べ物・飲み物
スポンサーリンク
かおりをフォローする
えぶりでいはっぴねす.com