2023年から2024年の年末年始の期間はいつまで? | えぶりでいはっぴねす
当サイトはアフィリエイト広告を利用しております
PR
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2023年から2024年の年末年始の期間はいつまで?

季節の行事
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

年末のさなか、多くの人が考え始めるのは、

「2023年から2024年の年末年始、どのように過ごそうか?」

ということです。

この特別な季節に、家族や友人と過ごす時間の魅力や、新しい年を迎えることへの期待が胸を膨らませます。

今回の記事では「2023年から2024年の年末年始」について、魅力的なアイデアとヒントを提供します。

どのような種類の旅行やイベントがあるのか?
どのように素晴らしい思い出を作るか?

などなど、新しい年を迎えるにあたり、年末年始を充実させるためのアイデアをじっくりご紹介していきますね。

一緒に計画を立てて、楽しい冬の休暇を楽しみましょう!

スポンサーリンク

2023年から2024年の年末年始の期間はいつからいつまで?

年末年始の期間というのは実はあいまいで、人によってかなり異なります。

なお、官庁、国家公務員、地方公務員、そして多くの企業では通常、12月29日から1月3日までがお正月休みになっています。

そのため、2023年から2024年の年末年始の期間は2023年12月29日(金)から2024年1月3日(水)までの 6日間となるでしょう。

ただし、年末年始の期間というのはカレンダー通りというわけではないため、勤めている会社やお店、個人によって違うことが多いです。

年末は忙しい時期かもしれませんが、新しい年を元気に迎えましょう!

スポンサーリンク

年末年始とはどういう意味?

年末とはどういう意味?

「年末」とは通常、12月後半や12月25日のクリスマス前後から12月31日までの約一週間を指すことが多いです。

年末大売り出しのような名前のイベントが全国各地のお店で開催されたり、11月下旬から年末ジャンボ宝くじといったものが販売されたりすることもあります。

そのため、「年末」に明確な定義を置くことは難しいのです。

年始とはどういう意味?

「年始」とは、年末の項目と同様に、1月1日から 3日までの正月三が日を指すことが一般的とされています。

しかし、1月中旬頃から1月末までセールや大売り出しが行われていることから、年始にも明確な定義は存在しません。

スポンサーリンク

年末年始の期間はいつからいつまで?

年末年始の期間は、具体的な規定が存在しないことから、会社やお店、人によって異なる考え方があります。

以下に「年末」と「年始」のさまざまな定義を示します。

年末はいつからいつまで?

「年末」は、以下のように考えられます。

年末ジャンボ宝くじの発売開始日から上旬、11月下旬から12月31日まで続きます。

クリスマスからお正月の準備が始まるとされる、正月事開始の日である12月13日から12月31日までが「年末」とされます。

「年始」はいつからいつまで?

一方、「年始」は、以下のように考えられます。

三が日まで
松の内が明けるまで
鑑開きまで

三が日まで

1月1日から3日の三が日までが「年始まり」となります。

松の内が明けるまで

松の内が明けるのは関東では1月7日、関西では1月15日が「年始まり」とされています。
ちなみに、松の内というのは、お正月の飾り物を飾っておく期間を指します。

鏡開きまで

関東では1月1日から1月11日まで、関西では1月1日から1月15日または20日までが「年始」とされています。

鏡開きは、松の内が過ぎた後に行われ、関東では1月7日までと行われ、関西では1月15日までまたは1月20日までが「年始」とされます。鏡餅を無病息災を願って食べる習慣です。

スポンサーリンク

年末年始に関するよくある疑問

2023年から2024年の年末年始の期間はいつからいつまで?

2023年から2024年の年末年始の期間は、通常、2023年12月29日(金曜日)から2024年1月3日(水曜日)までの6日間です。

ただし、異なる捉え方もあるため、個人や組織によって期間が異なることに留意してください。

年末年始の特別な風習やイベントは?

年末年始には、全国各地で様々な風習やイベントが行われます。

たとえば、お正月には初詣(はつもうで)と呼ばれる、新しい年を迎えて初めての神社や寺院へと訪問するほか、年を越す瞬間には除夜の鐘が鳴らし、初日の出を拝むなど、日本特有の習慣がありますよ。

家庭ではおせち料理を食べたり、門松やしめ縄を飾ったり、お正月に実家へ帰省すると、子供たちにお年玉を贈るといった習慣も。

年末年始におすすめの旅行先は?

年末年始ならではの旅行先もたくさんありますよ。
冬のシーズンを楽しむために、以下の場所がご紹介しますね。

富士山周辺

冬には美しい雪景色が広がり、登山やスキーなどのアウトドア活動が楽しめます。

京都

年末にはお寺や神社で特別な年越しイベントが開催され、美しい初詣スポットとしても大人気の場所です。

北海道

スキーやスノーボードが楽しめるスキーリゾートが多く、美味しい食事も楽しめますよ。

海外旅行

年末年始に寒さが厳しい時期でもあるので、寒いのが苦手な人は暖かい国やクリスマスの雰囲気が楽しめる海外旅行が人気です。

ハワイやタイなど、気温が高く、日本人が多く訪れる人気の観光地ですよ。

スポンサーリンク

2023年から2024年の年末年始の期間はいつまで?まとめ

2023年から2024年の年末年始は特別なシーズン。
多くの人々が家族や友人と共に新しい年を迎える機会です。

通常、この期間は2023年12月29日から2024年1月3日までの 6日間ですが、異なる捉え方も存在します。

クリスマスが過ぎた後のこの時期は、なにかと忙しくもありますが、日本のお正月らしい習慣やイベントが盛りだくさん!
初詣やおせち料理、除夜の鐘など、いろいろと楽しめますよね。

また、家でのんびり年末年始を過ごすのも良いですが、旅行も魅力的ですよ。
富士山で初日の出を拝んだり、京都の美しい冬景色、北海道へのスキーリゾート、暖かい海外への旅行も良いですよね!

一人旅行や家族旅行など、好みに合わせて楽しむことができるでしょう。

年末年始は家族や友人と素晴らしい瞬間を共有する絶好の機会です。

新年のスタートに向けて心も身体もリフレッシュして、明るい未来に向けてエネルギーを充実させましょう。

どのように過ごすにせよ、安全で幸せな年末年始をお過ごしくださいね。