スポンサーリンク

安いカレー用の豚肉を柔らかくする方法

年上の彼氏のために晩ご飯を作るJK

カレーを作るとき、どんなお肉を使っていますか ?

我が家は普段、豚の薄切り肉か細切れ肉を使います。
すぐに火が通るし、お肉も固くならないので、使い勝手がいいんですよね。
だけど本当は、一口大の角切り肉でカレーを作りたいんです。

この角切り肉が曲者で、気をつけないと、すぐに固くなってしまいます。

薄切り肉でも美味しいカレーは問題なく作れるんですが、カレー用の豚肉でも美味しいカレーを作ってみたいので、柔らかくする方法を調べてみました。

あ、わたしは圧力鍋やルクルーゼといったお高い鍋を持っていません。
なので、特別な道具を使わず、できるだけ簡単にできる方法に限定しました。
お店で食べるような、柔らかいお肉のカレーを作る際、ぜひ参考になさってください。

スポンサーリンク

安い豚肉でも、ひと手間で驚くほど柔らかくなる

ネットで見つけた、お肉を柔らかくする方法をまとめてみました。
料理の裏技は数多くあるので、ご存知の方はいらっしゃるかもしれません。

・プレーンヨーグルトに漬け込む
・すり下ろしキウイに漬け込む
・はちみつに漬け込む

ヨーグルトとキウイで検証したサイトがありましたので、参考までにどうぞ。
こちらのサイトでは、牛肉を使っていましたが、豚肉や鳥肉でも問題ないと思います。

上記のサイトでは、ビールや重曹、赤ワインなどでも検証してました。

ヨーグルトで漬け込む方法を試してみた

手軽にできそうなのは、プレーンヨーグルトに漬け込む方法です。
普段からヨーグルトを食べているので、常日頃からストックしているんですよね。

カレー用豚角切り肉

こちらがスーパーで売っている、ごく普通のカレー用豚角切り肉。
20 円ほど割引されているの買った以外に、特に特筆すべきことはありません。

プレーンヨーグルト

こちらも、ごく普通のプレーンヨーグルト。

袋に入れた豚肉

シップロックを使わなくても、スーパーでもらえる袋でも、漬け込みはできます。
洗い物が増えても問題ない方は、大きめのタッパーで漬け込んでもいいと思います。
そのまま蓋をして、冷蔵庫に寝かせておけるので。

ヨーグルト投入

どれだけのヨーグルトを入れたらいいのか調べ切れなかったので、とりあえず大さじ2ほど入れてみました。
豚肉の分量は約 180 グラムです。

漬け込んだ状態

ヨーグルトを入れたあと、優しくモミモミ。
そのあと空気を抜いて、中身がこぼれないように閉じたら、冷蔵庫へ寝かせます。
大体 30 分から 1 時間くらい寝かせると柔らかくなるようです。

こちらのお肉を使ったカレーがこちら。

隠し味を加えることのない、いつも無難に仕上がる我が家のカレーライス。パッケージの裏面や、料理の本を開かなくても、特に失敗することなく作れちゃうのがカレーのいいところですよね。可もなく不可もない我が家のカレーですが、今回はとある裏技を試してみました...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする