スポンサーリンク

恵方巻きはなぜ黙って食べるの?無言ならテレビを見ても大丈夫?

恵方巻きを食べる女の子

ここ最近、節分といえば恵方巻きと言われるほど
定番の文化になりましたね。

そんな恵方巻きですが、
食べる方角が決まっていたり、
黙って食べるなど、
さまざまな決まりがあることを
あなたはご存知でしたか?

テレビや雑誌などでも、
今年の方角は〇〇と紹介されているほか、
スーパーなどの節分コーナーでも
方角が書かれていたり。

恵方を向きながら、黙って食べることも
そこかしこで紹介されていますよね。

で、どうして恵方巻きは黙って食べる
決まりがあるのかなって疑問を持ちました。

これまで、特に理由を調べることなく、
その言い伝えを守ってきたんですが、
なにか深~い理由でもあるのかと思って、
調べてみました。

今夜の夕飯のときや、職場の休憩のときに、
ちょっとした豆知識を披露してくださいませ!

スポンサーリンク

恵方巻きを無言で食べるには理由があった!

恵方巻きを食べるとき、

・その年の恵方を見ながら食べる
・食べ終わるまでは話してはいけない
・丸々一本を切らずに食べる

これらは、わたしが今まで守ってきた
恵方巻きのルールです。

ですが、その理由についてまでは、
特に深く考えたことがありませんでした。

そういうもんか~って感じで、
食べてきたんですよね。

でも、ちょっと気になったので、
数ある恵方巻きのルールの由来を
調べてみました。

では、さっそく由来を書いていきますね。

恵方と呼ばれる方角には幸運があるとされ、
その方角から毎年、幸運が入ってくると
言われてました。

食べながら恵方を向くのは、
口から幸運が入ると言われているため。

また、なぜ無言で食べるのかというと、
せっかく口に入った運気が、
話すことによって、どんどん口の外に
出て行ってしまうからなのだそう。

そういう理由があるから、
食べている最中は話してはいけないと
言われています。

納得ですね。

また、丸々一本、切らずに食べることでも
有名ですが、その恵方巻き自体も、口から
離すことなく食べたほうがいいとのこと。

確かに、恵方巻きを口から離すことで
そこからも運気が逃げてしまいそうですよね。

丸々一本を一気に食べるのは大変ですが、
幸運を呼び込むためにもがんばりたいところです。

しかし、小さいお子さんは、ずっと黙って
食べるのは大変ですよね。

テレビくらい見ながら食べたい!という
お子さんも多いと思います。

話さなければ、テレビくらい
見ていても大丈夫じゃないのかって
思いません?

それについても調べてみました!

恵方巻きはテレビを見ながら食べても大丈夫?

調べてみた結果を申し上げますと、
恵方巻きを食べるときに、
テレビを見ながらでは意味がないということは
なさそうでした。

しかし、せっかくかぶりついて食べるのですから、
集中して食べたいですよね。

そしてテレビを流しながらですと、
せっかくの恵方巻きも堪能できないような
気もします。

ですので、できればテレビはつけずに
恵方巻きを食べている間だけは、
食べることに集中しても良いのでは
ないでしょうか?

そして、みんなが恵方巻きを食べ終われば、
残りのご飯は話しながら、または、
テレビを見ながら、いつも通りの夕飯を
楽しみましょう。

子供にとっては、食べきるまでは
長い時間かもしれませんし、
見たいテレビがあるときですと
辛いですよね。

その場合は無理をせず、テレビだけ
消しておく程度でいいと思います。

お子さんが大きくなれば、
恵方巻きのルールを説明すれば理解してくれますので、
それまでは、お子さんに合わせてもあげましょう。

恵方巻きのルールを破ったからと言って、
なにか罰があるわけではありませんし。

残さず食べ切ってくれればオッケーの
気持ちでいましょう!

我が家もまだ、子供は恵方巻きの意味を
理解しそうにないため、大きくなるまでは
テレビをつけて食べることになりそうです。

まとめ

今まで、まったく気にせず恵方巻きのルールを
守ってきましたが、そのルールにもちゃんとした
理由があることがわかりました。

食べ方はそれぞれの家庭でも異なると思います。

お子さんやお年寄りは、
売られている恵方巻きを丸々一本、
食べ切るのは大変です。

その場合は、食べやすいように
切り分けてあげましょう。

恵方巻きのルールは絶対に、
なにがなんでも厳守しなければ
いけないものではありません。

結局のところは、恵方巻きを残さず、
おいしく最後までいただければオッケーの気持ちで、
季節の行事をご家族でお楽しみください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする